[ゲームEV] 科学アドベンチャーライブ2012 ドラマステージ「時空交錯のトリプレット」

5pb.(MAGES)より発売中のゲーム「科学アドベンチャーシリーズ」初の総合ライブイベント「科学アドベンチャーライブ2012」に行ってきました。
会場は、パシフィコ横浜国立大ホール。
開演18:00で、終了は21:15頃。
休憩なしで3時間長ぶっ通し。かなりのボリュームでした。

「ドラマステージ」と銘打ってありますが、内容は結構盛り沢山。
前半は、声優による生アフレコによるドラマパート。
後半は、声優トークショー。
それらの合間合間に、アーティストによる曲披露が挟み込まれていました。

ドラマパートは、「CHAOS;HEAD」「STEINS;GATE」「ROBOTICS;NOTES」それぞれの登場人物たちが、ひょんな事件をきっかけに一堂に会してしまい、事件の原因を追うというような内容。
簡単なあらすじを追記に記しましたので、ざっくりしたストーリーはそちらをご覧ください。
ただし、ネタバレを多数含みます。

科学アドベンチャーシリーズは各作品ごとの色が強いから、うまく溶け合うことができるのか、開演する前は少し不安でした。
しかし、意外といい感じに役割分担できていて、すごく面白かったです。
全体的にはカオヘ組とロボノ組で真面目にストーリー進行、シリアスもギャグもどんとこいなシュタゲ組が笑いを誘う、と言ったバランス。
とはいえ、始めこそ固かったカオヘ組やロボノ組も、シナリオが進むにつれて真面目に不真面目なシーンが増えていき、中盤は笑えるシーンが多かったです。
そして終盤は少し考えさせられる結末が用意されおり、しみじみしていたところで笑劇のラストがドーン。
笑いあり涙(?)ありのハチャメチャ展開でした。

特に印象的だったのは、ダルとフラウの会話。
開演前からこの2人の会話が楽しみで仕方なかったのですが、すごく満足しました。
尺の問題がなければ、この2人だけで30分ぐらいヲタ談義させたいくらい面白かったです。

ドラマパートは、重大なネタバレは無かったものの、各作品プレイ済み推奨なネタがちらほら。
ストーリーに絡む重要なネタ(ギガロマニアックスなど)は軽く説明されましたが、細かいネタはプレイしていないと分からなかったんじゃないかと。

声優トークショーはフリートークではなく、各作品ごとによくキャストへ投げかけられる質問を、別の作品のキャストに投げかけて回答してもらう、というものでした。
質問内容と回答の組み合わせは以下の通り。

「CHAOS;HEAD」の質問:「ギガロマニアックスで妄想を具現化するなら、何をしたいですか?」
→回答:ロボノのキャスト5人

「STEINS;GATE」の質問:「過去の自分タイムリープするなら、どの時代に戻りたいですか?」
→回答:カオヘのキャスト5人

「ROBOTICS;NOTES」の質問:「居る夫」でコスプレさせるなら、誰に何のコスプレをさせたいですか?」
→回答:シュタゲのキャスト5人

普通の回答あり、天然な回答あり、期待通りのオチありで、終始笑いが止まらなくて腹筋が痛くなりました。
特にシュタゲ組の場慣れっぷりが半端無かったです。
あと、最近名前をよく見かける某声優さんの意外な一面が見られたことは、一つの収穫でした。
なお、細かい感想は書くと長くなりそうなので、追記に書きます。

このトークショーで、各作品ごとの最新情報が一つずつ公開されました。
初出し情報は、劇場版STEINS;GATEのタイトルと、huke氏によるキーイラストの公開。
来春公開予定ということで、今から楽しみです。

というか、帰宅してからじっくり確認したキーイラストで気になる点があって、楽しみにせざるを得ません。
紅莉栖が抱きしめてる白衣とか、本気で気になるんですけど! どっ!!

ライブパートも、ボリューム満載でした。
参加されたアーティストは、
 Zwei
 ファンタズム(FES)
 nao
 いとうかなこ
 アフィリア・サーガ・イースト
 ※敬称略

各アーティストごとに最低でも2曲ずつ。
いとうかなこさんは持ち歌が多いので6曲ぐらい歌われていました。
個人的には「スカイクラッドの観測者」でテンションMAX。アンコールの「Hacking to the Gate」でテンション振り切れました。
あと、アフィリア・サーガ・イーストの踊りの運動量は、いつ見ても鬼畜レベルだと思います。
あんな地味に体力奪われまくる動きをしていて、よく倒れないなぁ。

パンフの内容が値段の割に薄かったり、ドラマパートの映像ミスが多かったりと、不満な点がないわけではないけれど、すごく楽しかったイベントでした。
「2012」と銘打たれているということは、次回も期待していいんでしょうか。
それ以前に、ぜひ今回のイベントをメディア化して欲しいです。
一部ピー音加工は仕方ないとしても、できるだけカット無しで。


これより下の追記では、ドラマパートのあらすじとネタバレ感想、トークショーの細かい感想などになります。

[ゲームEV] テイルズ オブ フェスティバル 2012

6/2, 3に、NBGIのRPG「テイルズオブ」シリーズの祭典「テイルズ オブ フェスティバル 2012」(以下TOF2012)が開催されたので、行ってきました。
今年は、ちょっと訳あって両日参加でした。
訳と言っても、そんな大層な訳ではないのですが。

会場は、横浜アリーナ。
11,000人収容可能な席が、両日とも全席埋まっていました。

イベント内容は、ひたすら「テイルズオブ」シリーズ尽くし。
声優によるスキットあり、トークあり、関連楽曲のライヴありと、盛りだくさんの内容。
今年は内容盛りだくさんだったらしく、公演時間は4~5時間でした。
初日は時計ちゃんと見ていなかったからわかりませんが、2日目は15:30開演で、終了したのは20:30ちょっと前でした。
イベント一回で5時間弱とか、これが最近の流行なんですか?
ちょっと長過ぎる気がしました。

「テイルズオブ」シリーズ尽くしとはいえ、キャラクターが特徴的なため、ひたすら笑いが満載です。
真面目なコーナーは、新作発表とライヴぐらいでしょうか。
他は結構グダグダな感じで進行が進んでいくのですが、そのグダグダ加減も楽しかったです。

ちなみに物販ですが、今年は物販へは行きませんでした。
ただ、午前中、会場後、公演後全ての時間帯で、ものすごい行列が出来ていました。
それを目にした時点でお腹いっぱいでした。
パンフだけちょっと欲しいので、通販に期待。

「テイルズオブ」シリーズの祭りなので、「テイルズオブ」シリーズをある程度知っている方にはオススメです。
全部知っている必要はないですが、ある程度知っている必要があります。


以下、各公演についての雑感になります。

[ゲームEV] 逆転裁判10周年特別法廷

GBA~NDSとシリーズの続いているAVG「逆転裁判」の10周年記念イベント「特別法廷」に行ってきました。
会場は東京・浜松町のメルパルクホール。
昼の部と夜の部があったのですが、俺が参加したのは昼の部の方です。

逆転裁判は1~4までクリア済みなのですが、逆転検事は1, 2ともに未プレイです。
しかも、「レイトンvs逆転裁判」も、近日公開予定の実写劇場版も、あまり興味がなかったので、チケット争奪戦は完全スルーでした。
ところが、友人から「チケット余ったから行かないかい?」と誘われ、せっかくだからと一緒に行くことに。
実は、わりと消極的な参加でした。

が、イベント参加後、ぶっちゃけ参加して良かったと思いました。
非常に楽しかったです。
笑い過ぎて、明日腹筋が筋肉痛になっていないことを祈るばかりです。

・・・・・・ええと、ここから下はイベントのネタバレ含むけれど、17:00過ぎたからもう大丈夫だよな。
# 夜の部参加者のために、夜の部開始の17:00まで、ブログやTwitterでのネタバレが禁止されていました。

イベントは、スタッフトーク+新作プロモーション+etcといったところ。
ただ、TGS等でお馴染みの「特別法廷」という名を冠している通り、成歩堂・御剣・真宵ちゃん・サイバンチョらによる、ゲーム画面を模した寸劇が所々に差し込まれていました。
この寸劇が小憎たらしいほどファン心理をぐいぐい突いてきていて、本当にたまりませんでした。
どうやら脚本は巧舟氏だった様子。なら仕方ない。

ちなみに寸劇のCVは、近藤孝行さんや竹本英史さんなど、オリジナル版のままでした。
劇場版キャストによるアテレコじゃなくて良かった。。。

まず最初はスタッフ制作裏話。
逆転裁判1~4と逆転検事1, 2について、竹下P、巧D、江城P、山崎Dが話をされていました。
昔聞いたような覚えのある話半分、初めて聞いた話半分といったところ。
作品について一通り語られた後は、公式サイトで募ったファンからの質問について、4つ回答されていました。

制作裏話の後は、劇場版トーク。
ここで劇場版のかなり長めのPVが上映されたのですが、ちょっと面白そうでした。
今までネットニュースの写真しか見ていなくて、成歩堂や真宵ちゃんにすごく違和感があったんですが、動きが付いたら印象が少し変わりました。
法廷の厳かな雰囲気はゲームを踏襲しつつ、証拠品を突きつけるところはCGを多用していて、まさに”近未来”法廷バトルという感じ。
# まぁ、「逆転裁判」自体、舞台設定が近未来なんだけど。
「逆転裁判1」第四章で軸となるDL6号事件が、ストーリーの要になるっぽいです。
とはいえ、ゲームとは少し設定を変えてきているみたいですが。
御剣信の殺害現場が、エレベータではなく証拠品倉庫になってたりとか。

PVの後に、劇場版キャストの成宮さん、斉藤さん、桐谷さん、三池監督のムービーメッセージを上映。
三池監督が、なんだか可愛いおじさんでした。見た目おっかないけれど。

劇場版の次は、「レイトンvs逆転裁判」のトーク。
ここで、巧舟氏が体験版を操作しながら、プロモーショントークを行ってくれました。
3Dで描写された成歩堂と真宵ちゃんが、結構ぬるぬる動いていました。
真宵ちゃんのモーションが精密に再現されていて、普通にかわいかったです。

また、BONESが制作したアニメーションも一部公開。
CVはオリジナル版(近藤孝行さんと花村怜美さん)があててましたが、実際のゲームでは劇場版のキャストが声を当てるとのこと。
個人的には、ゲームもオリジナル版キャストが希望なんですが・・・・・・レベルファイブだから半ば諦めている。

さらに、舞台版「逆転裁判」の主役を勤められた蘭寿とむさんと、巧氏と交友のあるミステリ作家の有栖川有栖氏からのムービーメッセージ上映。
有栖川氏からのメッセージは、かなり驚きました。

続いて公式サイトで募ったアンケート結果発表。
質問は、「好きな音楽は?」、「好きな台詞は?」、「あなたは成歩堂派? 御剣派?」の3つ。
1位が「追い詰められて」というのは、あぁーと納得でした。よく聴いたし。
2位は後回しで、結構な曲数が公開されていました。
その後、後回しにされた2位の発表で、水木一郎さんによる「大江戸戦士トノサマン」の歌が披露。
巧氏が10分で作ったという歌詞が、すごく特撮ものっぽかったです。

「好きな台詞」は5位から公開。
ゴドーの台詞を真似る御剣、千尋さんの台詞を真似る成歩堂など、見所(笑い所?)も詰まっていました。
そういえば、成歩堂の台詞は一つもランクインされていなかったような。
あえて言うなら、1位がそれかもしれないけれど。

「好きな台詞」1位公表の前に、御剣のツッコミで「成歩堂派? 御剣派?」が先に公表。
うん・・・・・・みっちゃん、ドンマイ。

「好きな台詞」1位は、やはり「異議あり!」の一言でした。
「逆転裁判」の代名詞とも言える台詞だし、これが1位じゃなければどれが1位なんだって話です。

そしてエンディングトークの後、そのまま終幕・・・・・・かと思いきや、ここで王泥喜くんと牙琉検事が登場。
アンコールとして、ガリューウェーブの代表曲「LOVE LOVE GUILTY」がバンド形式で演奏されました。
ボーカルは、水木一郎さん。
「LOVE LOVE GUILTY」の面影が10分の1ほどしかなかったですが、歌詞がなかなかぶっ飛んでいて、面白い曲になっていました。
笑える、という意味での面白い、ですが。

そして、最後の最後にサプライズ。
「逆転裁判5」の制作決定!
会場、大歓声!!

矢張が残した重要な証拠品で、最後に逆転裁判4のキャラが登場という時点で、薄々感じてはいましたが。
しかし、伏線張りまくりのまま終わった4がそのまま放置されたらと不安を感じていただけに、これは嬉しいサプライズ。
残念ながらゲーム画面の公開はありませんでしたが、本当にようやくという感じです。
登場人物総入れ替えとかになったら号泣せざるを得ないけれど、きっと逆転裁判チームならばやってくれると信じている!

笑いっぱなしの2時間。非常に楽しいイベントでした。
あまり乗り気ではなかった過去の自分を殴りたくなるくらい、楽しかったです。

[ゲームEV] テイルズ オブ フェスティバル 2011

NBGIのRPG「テイルズ オブ」シリーズのイベント「テイルズ オブ フェスティバル 2011」の29日昼公演に行ってきました。
テイルズフェスへの参加は、今年初めてです。
「テイルズ オブ」シリーズはSFC版TOPからそれなりにプレイしてますが、正直なところ、中の人にはあまり興味がなかったので。
そんな自分でしたが、2つの理由によって今年は参加を決意しました。
1つは、去年のテイルズフェスのレビューをあちこちで見る機会があり、それを読んで「なんか、みんな、楽しそうだなぁ・・・・」と思ったこと。
もう1つが、レイヴン(@TOV)が参加すると聞いて。
・・・・・・うん、レイヴンめっちゃ好きです。うひゃっほーい。

会場はパシフィコ横浜。
台風が来る一歩手前だったのでずっと雨が降っていましたが、観覧客の熱意にはほとんど影響を及ぼせなかったようです。
スタッフさんは、雨の中でもあっちへこっちへ人を誘導したり案内したりで、たいへんそうでしたが。
ほんと、お疲れ様でした。

初めての参加で、「テイルズ オブ」シリーズ全作品プレイしているわけではなかったのですが、すこぶる楽しかったです。
あのゆるーい雰囲気も含めて、ひたすら笑って過ごした気がします。
笑って笑って、気が付けば公演時間は3時間以上。
終わる頃には笑い過ぎてヘトヘトになっていました。
でも、満足です。

基本的に声優イベントなので、中の人にもキャラクターにも興味のない人にはあまりオススメできません。
とはいえ、「テイルズ オブ」シリーズをある程度プレイして楽しんだ人なら、十分楽しめるのではないのかと思います。

ぜひ、来年も開催されることを期待しています。
その前に、DVD発売待ちです。出るよね、たぶん。


ここから先は、諸々の細かい感想になります。
長くなり過ぎたので、とりあえず折りたたみ。

[ゲームEV] 東京ゲームショウ2008

東京ゲームショウ2008に行ってきました。
朝9時に幕張メッセに着き、10時ぐらいに入場。

見て回ったブースの感想を以下に徒然。


カプコンブース
10:15開始のステージイベント「東京ゲームショウ 特別法廷2008」を見ました。
05年, 06年とやった「特別法廷」の「逆転検事」版。
登場人物は、御剣、イトノコ、オバチャン、狩魔冥。喋らないけれど一条美雲と着ぐるみタイホくん(+α)も。
06年の特別法廷ほどの笑えるノリやネタはなかったけれど、まぁ、とりあえず最低限のツボはおさえていたかな。
正直なところ、もうちょっと爆笑ネタが欲しかったなぁ。
イトノコでは、御剣のボケツッコミの相手としてはちょっと役者不足かも。

開発スタッフの尋問(笑)でゲームシステム発表。
「逆転検事」はあまり興味なかったんだけど、システム概要を聞いて少し興味が沸きました。
「逆転裁判」とはかなり別物だけど、これはこれでおもしろそうかも。

その後、正午頃にカプコンブースの前を通ったら、「逆転検事」の試遊コーナーに入場制限がかかっていた。
今回、カプコンブースのあちこちで試遊希望者殺到による入場制限があった模様。

D3パブリッシャーブース
昨日発表された新作の映像展示だけでもあるかと軽く期待していってみたが、さすがになかった。ちょっと残念。
悔しかったのでパンフだけもらいました。

バンダイナムコブース
「テイルズ・オブ・ハーツ」と「テイルズ・オブ・ザ・ワールド レディアントマイソロジー2」の映像展示を観賞。
「ハーツ」の方は、アニメーションバージョンとCGバージョン、両方のPVを流していたけれど・・・・・・アニメーションバージョンの圧勝かも?
買うならアニメーションバージョン買います。
テイルズでリアルな3DCGって、なんかちょっと、イメージに沿わない。アニメーションの方がしっくりくるなぁ。
「レディアントマイソロジー2」は、かなり「1」を踏襲してるっぽい。
まぁ、あの作品に関してはそれでいいかも。そもそもファンサービスに近い作品だし。

SCEブース
「パタポン2」の映像を観賞。
1ですら途中で挫折した身としては、映像見ただけでお腹いっぱいでした。
映像見ただけで、もうクリア無理っス。

「パタポン2」の映像を見ている脇のステージから流れてきた「白騎士物語」のテーマ曲?に、一緒に行った友人と2人ですこぶる反応しました。
民族音楽調でかっこいい。もうちょっとじっくり聴きたかった。

SEGAブース
通路を通りながら「428」の映像がちらっと見えたんだけど、シナリオ、我孫子武丸さんだったのか。知らんかった。
「街」のザッピングシステムがなんだか自分には合わなくて途中で挫折してしまったので、「428」に手を出すのちょっと躊躇している。が、我孫子さんがシナリオ担当と知って、少し興味が沸いてきました。

マーベラスブース
「アヴァロンコード」の映像を観賞。
アクションRPGだから、アクション苦手な身としては少し難しそうに見えたけれど、まぁやってやれなくはなさそう。
イメージイラストは結構好きなタイプなので、そこは好印象。

スクウェア・エニックスブース
近寄れませんでした。人多すぎ。

物販コーナー
アイレム横丁のネコにひかれて、つい衝動買い。
マグカップとキャンパストートをゲット。
あのネコは、卑怯なくらいかわいいなぁ。くそぅ。

スクエニは、音楽CDだけ別コーナーになってて驚いた。
しかし、スクエニのゲーム音楽CDで欲しいのは既に持ってるのでスルー。
つか、リストにあったCDのうち、半分以上は持ってるよ。