[GMCD] テイルズ オブ ベルセリア オリジナルサウンドトラック

PS4で発売されたRPG「テイルズ オブ ベルセリア」(以下TOB)のOSTを購入したので、一通り聴いてみました。
CD4枚組で、収録曲数は計97曲。再生時間は、トータルで4時間25分ほどになります。

TOBのゲーム自体は、昨年2017年1月頃にプレイしてクリア済みです。
プレイしていた時から漠然と「BGM良いな、OST欲しい」と思いつつも、なかなか決心がつかないまま1年ほど経過。
1年経ってもOST欲しい熱が冷めなかったので、潔くOSTをゲットしました。

それと、「テイルズ オブ オーケストラ」の2016年版、2017年版も、今回OST購入を後押しした一因かもしれません。
そこで聴いた「Theme of Velvet」がとてもドラマティックな演奏で、初めて聴いたときはまだゲーム未プレイだったのですが、一発で気に入った曲です。
あと、2016年版にしか収録されていないけれど「The way of the embodied dragon」もすごく好みで、原曲をしっかり聴いてみたくなりました。
こっちは実はゲームでちゃんと聴いた記憶がなくて、改めて原曲をちゃんと聴きたくなった次第です。

そんなわけで、重い腰を上げてようやく入手したOSTでしたが、聴いてみたら想像以上に良曲揃いでした。
TOBプレイ中にBGMを気に入って買ったくせに、TOBの曲ってこんなに良曲揃いだったっけ? と思ったほど。
BGMに徹したような”雰囲気音楽”ではなく、自己主張のある曲も多くて、結構聴きやすいです。

フィールド曲やイベント曲はオーケストラ調が多くて、バトル曲はロックテイストが多い気がしました。
そのため、オーケストラなゲーム音楽好きにとっても、ロックなゲーム音楽好きにとっても、どちらも楽しめる造りになっています。
曲数で言えばオケっぽい曲の方が多いけれど、ロック系の曲はかなり強いインパクトがあるので、印象としてはどちらも半々に残る感じです。

ロックテイストの曲は、バリバリに格好良いロックで、いわゆる桜庭節です。
初期テイルズのバトル曲に雰囲気が近い感じがしました。
初期の頃に比べると音は豊かになっているけれど、曲を聴いているだけで心が沸くような熱くなれる展開が、なんとなくそんな感じというか。
これは、ライブで生演奏したら盛り上がりそうだなぁ。

その一方で、オケっぽい曲の方は、とてもメロディアスでドラマティックです。
ロックな曲のような最初からガツンと来るものではないけれど、曲を聴いていくとジワジワと心に来るものが多いです。
個人的には、「トラスティベル」の曲の雰囲気に近いと感じました。
きっと、トラステの曲が好きな方ならば、気に入るのではないかと。
自分はとても好きです。ド直球で好みです。特に「Theme of Velvet」が最高でした。

そして、ロックな曲もオケな曲も、3分以上あるような長尺の曲は、大体どれも格好良いです。
ゲームプレイ時は1回しか流れなかったり、バトル中でそれどころではなかったりで、スルーしてしまっていた曲もあるのですが、OSTで改めて聴き直して「なにこれ格好良い」と再評価した曲がとても多いです。
ゲームプレイ時はあまり記憶に残らなくて、どこで流れていたBGMか忘れてしまっているのですが、OSTで聴いて一番ツボったのは「Justice of the Knight」です。
この曲、格好良くないですか? 重厚なオケ系ゲーム音楽好きにはたまりませんでした。

TOBのOSTについて1点だけ注意点をあげるなら、OP曲がゲームサイズのショート版なこと。
「BURN」はフルサイズではありません。フルサイズで聴きたい場合は、別途購入が必要です。

そんなわけで、TOBのゲームをプレイしてしばらく経過してからのOSTゲットでしたが、思いの外曲が良くて、とても楽しめたアルバムでした。
ロックとオケの両面で桜庭節が楽しめる作品になっています。
OSTという性質上、ゲームプレイしてから聴いた方が良いとは思いますが、桜庭節が好きな方ならばOST単体でもいけるかもしれません。

[GMCD] Piano Collections NieR:Automata

PS4のA・RPG「NieR:Automata」のピアノソロアレンジアルバムが先日発売されたので、一通り聴いてみました。
収録曲数は12曲。再生時間は61分ほど。

「NieR:Gestalt/Replicant」に引き続き「NieR:Automata」のPiano Collectionsがついに発売。
「NieR」のゲームも音楽も両方好きな身としては、見逃せないアルバムでした。
というわけで、発売日直後にゲットして、5月のGW頃に開封して、聴き始めた次第です。

それから約3週間経過した5月下旬現在、いまだにこのアルバムから抜け出せずにいます。
何回聴いても、全然飽きません。
むしろ、聴けば聴くほどハマっていく感じがします。
それくらい、とても良いアルバムに仕上がっています。
どの曲も、アレンジも演奏も、ものすごく良いです。
なんぞこのスルメ曲。

今年の5月は別件でずっと「ひゃっほーい♪」していたので、あまりゲーム音楽を聴く時間を確保できていないという裏事情があるのですが。
でも、このアルバムは本当にいくら聴いても飽きません。
ここまで素晴らしいピアノアソロアレンジに仕上げてくるとは、正直、想定していませんでした。
「原曲を無難にピアノソロに落とし込んだ感じになるんでしょ知ってる」とか考えていた発売前の自分の考えは、砂糖菓子以上に甘かったです。
原曲は原曲としてめちゃくちゃ良いけれど、こっちはこっちでめちゃくちゃ良いです。

原曲に含まれるドラマティックさ、猛々しさ、憂鬱感や狂気など、曲に込められていたそれらが、このアルバムでも良い感じに昇華されています。
そして何よりも、ピアノの音色だけに絞ったことで、「NieR:Automata」で最も重要な「儚さ」が際立たされています。
ピアノの音色と「NieR:Automata」の世界観が、奇跡的な融合を見せたかような感じです。
「NieR:Automata」とピアノがこんなにも相性抜群とは、思いもしませんでした。

自分はゲームも原曲も知っているので客観的に判断できませんが、1つ1つの曲が曲としてゲームから分離独立してると思うので、原曲を知らなくても十分聴けると思います。
とりあえず、「NieR:Automata」を知らない友人が遊びに来ていたときにひたすら流し続けたら、なんだか興味を持ってもらえたっぽい反応をもらいました。
まぁ、ずっと流していたらなんだか心地良くなってきて、2人そろって寝落ちしたりもしましたが。

今回は、編曲者=演奏者という形を取られたようですが、1つの曲に対して編曲と演奏を同じ方が担当されたからか、曲から感じる熱意がものすごいです。
これまでにもゲーム音楽のピアノソロアルバムはいくつか聴いてきましたが、ここまでアルバム全体から熱意を感じるのは久しぶりかも。
「このアルバムの、この曲のピアノアレンジがめっちゃ好き」ということは多々ありますが、アルバム全体が良くて、これという曲を決められません。
ぶっちゃけ、どの曲も好きです。

というか、頭から順番に聴いていくと、曲順による緩急の付け具合が絶妙で、結果「どの曲も好き、外せない」となります。
すごく激しい曲の後に穏やかな曲があったり、その後に神秘的な曲や泣ける曲が続いて、また激しい曲があったりと、本当に曲の順番も素晴らしい。
冒頭一曲目に「Weight of the World」を持ってきたあたりも、すごい英断だなと感じました。
最後まで聴いたら「Weight of the World」を聴きたくなるし、こんなん無限ループにハマるに決まってるやん。

今回は参加された編曲&演奏者さんがとても多いのですが、妙な統一感があります。
参加される方が多いとアルバム全体の統一感が無くなることがあるのですが、今回はそれがありません。
編曲・演奏者の個性を極力省いて、「NieR:Automata」の世界観に極力寄せたかのようです。
これ、ディレクションどうやったのだろう。すごい統一感。

というわけで、「NieR:Automata」の名に恥じない、とても満足できたアルバムでした。
「NieR:Automata」好きの方はもちろんのこと、ゲーム音楽好きの方やピアノソロに抵抗のない方にも、ぜひオススメしたいアルバムです。
そして、あわよくば、コンサートを開催していただけると、とても嬉しいです。開催されるなら、ぜひ聴きに行きたいです。
そのために布教が必要なら、喜んで貢ぎます。

[GMCD] ガスト25周年記念ベストセレクションCDボックス

ガスト設立25周年を記念して、これまで発売されたゲームのBGMを選抜して収録したCDボックス「ガスト25周年記念ベストセレクションCDボックス」が発売されました。
CDはどーんと10枚組。収録曲数は235曲。
最初から最後まで通して再生すると、およそ11時間30分ほどかかります。
ちまちまと聴き続けて、ようやく3周ほど聴いたので、間奏を記します。

本作に曲が収録されたタイトルは、アトリエシリーズをはじめとした、2017年までに発売されたガスト作品をほぼ網羅。
今回収録を見送られたのは、デビュー作の「アレス王の物語」、「アトリエ クエストボード」、そしてアルトネリコシリーズぐらいです。
それ以外は、最低1曲は収録されています。
個人的には、アルトネリコシリーズが除外されたことはやや納得していないのですが、大人の事情とかそういうことかな。
または、アルトネリコシリーズは抜粋版ではなくOST買って全部聴け、というメッセージでしょうか。

本作のトラックリストは、公式サイトの特設ページにがっつり掲載されているので、そちらをご覧になった方が早いです。

10枚のCDのうち、5枚はアトリエシリーズで、残りの5枚にそれ以外のシリーズ作品の曲が収録されています。
アトリエシリーズが全体の半分を占めていますが、作品数が多い上に知名度も高いから、まぁそうなるよな、という感じです。
不満は、特に感じませんでした。

これまで、アトリエシリーズの作品でOSTを聴いたのは「イリスのアトリエ グランファンタズム」と「黄昏」シリーズ3作品のみ。
そのうちゲームまでプレイしたものは「アーシャのアトリエ」ぐらい(現在進行形で「エスカ&ロジー」プレイ中)というにわかっぷりでした。
が、本作を一通り聴いて、「アトリエシリーズの曲が良い」と評判になるのも肯けました。
それほどに、良曲揃いでした。

「黄昏」シリーズはOSTで何度も聴き込んだくらい馴染み深いので言うに及ばず、「アーランド」シリーズ以降の作品の曲は大体好みでした。
なんというか、こう、旅情感があるというか、じんわり染み込んでくる感じがとても気持ちが良くて。
ふんわりしたグラフィックからは想像できないような漢気溢れる格好良い曲も多いというギャップも、心にグッときます。
早い話が、「アトリエシリーズは良曲揃いだぞ」ということです。

本作を聴いて、「アーランド」シリーズと「不思議」シリーズのOSTを集めたくなりました。
セレクションじゃ物足りなくなって、全曲聴きたくなっています。
先立つものさえ準備できていたら、衝動買いをしていたかもしれません。
あ、でも、今ならAmazonの定額聴き放題サービスで全部聴けるんだっけ。それを利用するのもアリか。

アトリエシリーズ以外の5枚も、良曲が多いです。
個人的には、「よるのないくに」とサージュコンチェルトが、やはりド直球で好みでした。
前者は耽美なゴシック調、後者は民族音楽強めの歌曲多めと、毛色は異なるのですが、どちらも好きです。
「よるのないくに」はOST単品での発売がなかったので、これを機会にOST発売されるといいなぁ、と淡く期待しています。

サージュコンチェルトは、「あ、そこをチョイスしたのね」と意外に思ったところもあったのですが、落ち着くところに落ち着いた感じがします。
「シェルノサージュ」の「天涯星夜」や「アルノサージュ」のバトル曲など、今回惜しくも選抜から漏れてしまった良曲がたくさんあるので、これを機に聴いてみてほしいです。
サージュコンチェルトの曲は、どれもとても良いのでぜひぜひ。

今回、ガストショップで購入したので、特典CDが1枚付いてきました。
内容は、アトリエシリーズのアレンジ楽曲やFM音源版、そして未発表曲が1曲の全14曲収録。
本当にちょっとしたおまけという感じで、まさにコレクターズアイテムです。
無理にゲットしなくても良いと思います。
ただ、FM音源版は「あれがこうなるのか」と興味深くもありました。

本作はCD10枚組という大ボリュームのため価格もそれなりにするので、ガスト作品のBGMに興味があるけれどどこから手を付ければ良いかわからない、という方にはオススメです。
アトリエシリーズだけでなく、ガストの古今東西が、このBOXにぎゅっと詰まっています。
「ガスト作品の曲ってどんな感じ?」というときには、これで概ねの雰囲気はわかるのではないかと思います。
自分はそれほど濃いガストファンではないので、知らない曲の方が多かったのですが、このBOXでOSTをしっかり聴いてみたくなりました。
機会があれば、「アーランド」シリーズと「不思議」シリーズのOSTはちゃんと聴いてみたいです。
とりあえず、このBOXをまだ3周ぐらいしか聴き込んでいないので、もうちょっとしっかり聴き込もうと思います。

[GMCD] Re:Tune Romancing SaGa BATTLE ARRANGE

ロマンシング サガ(以下、ロマサガ)シリーズのバトル曲をアレンジしたアルバム「Re:Tune Romancing SaGa BATTLE ARRANGE」が発売されたので、ゲットして一通り聴いてみました。
全10曲収録で、再生時間は約48分。
ちなみに、iTunesダウンロード配信版です。

伊藤賢治氏のサガシリーズのバトル曲アレンジアルバムは、過去に「Re:Birth」シリーズが3作品ほど発表されています。
確か、いずれもロック調の激しいものだった覚えがあります。
ゴリゴリにロックな曲があまり好みではないこともあり、今回の「Re:Tune」も「Re:Birth」に似た傾向だったら、もう十分かなと購入を控えるつもりでした。
そんなとき、ひょんな拍子で発売日当日に公式ページの試聴音源を聴いたら、想像していたものと方向性の異なるメロディが流れてきて。
「これはきっと好みだ!」と直感して購入した次第です。

全体的にはアコースティックなテイストで、落ち着いた大人のムード漂うものにまとめられています。
クラシカルだったり、ジャズっぽかったり。
時々テクノっぽいアレンジとか、超ロックなアレンジもありますが、激しさで煽るトランス感よりも曲に浸れる趣の方を重視したような感じです。

この曲調が、試聴したときの直感通り、とてもツボでした。
メロディアスな旋律と雰囲気がとても良い感じに融合していて、すごく曲に浸れます。
それでいて、バトル曲らしい疾走感と重厚感もあって、たまりません。
あれもこれもどれも自分の好みで、本当にありがとうございました。

そんなわけで、「Re:Birth」シリーズとはアレンジの方向性がかなり異なるので、その点は注意が必要です。
「Re:Birth」シリーズのようなアレンジを期待して購入すると肩透かしを食らうかもしれないので、一度公式サイトで試聴してみることをオススメします。
逆に、自分のように「Re:Birthみたいな感じだとちょっと・・・」という方も、一度試聴してみてほしいです。趣がかなり違います。

試聴で聴いて購入の決め手となったのは、ピアノソロアレンジのロマサガ3の「ラストバトル」。
ロマサガ3の「ラストバトル」をピアノソロでって、なにそれ超聴きたい!と思って聴いてみたら、すごく大人っぽい格好良いピアノソロアレンジになっていました。
ピアノらしいしっとりした響きもありつつ、熱く激しく畳みかけるような怒涛の旋律もあったり、緩急の波のある情緒豊かなものになっています。
2ループ目はかなり自由にアレンジされていて、これはこれで面白いと思いました。
このピアノの譜面欲しいです。
ピアノ弾けないけど、曲を聴きながら楽譜眺めたい。

他に強く印象に残ったのは、ロマサガ3の「四魔貴族バトル1」。
ロックテイストの上に和楽器の音色が乗っていて、ほんのり和風な「四魔貴族バトル1」になっていました。
四魔1が和楽器とこんなに合うとは。これはこれで面白いのでアリだと思いました。

あとは、バトル1メドレーのようなピアノと弦楽器によるシンプルなクラシック調も、すこぶる好みでした。
また、ロマサガ1の「バトル2」や、ロマサガ2の「七英雄バトル」「ラストバトル」あたりのアレンジも、自分の好みド直球でした。
というか、好みの曲調ばかりでした。

「イトケンさんのバトル曲といえばロック」というイメージを一新ようなアレンジアルバムでしたが、むしろ自分にはとてもしっくりときたアルバムでした。
オーケストラアルバムは先日発売されたけれど、こういうテイストのアルバムも良いものです。
ロックテイストではないロマサガの曲が聴きたい方にはオススメです。

[GMCD] テイルズ オブ オーケストラコンサート2017 Feat. テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス コンサートアルバム

昨年2017年に開催された「テイルズ オブ」シリーズのオーケストラコンサートの模様を収めたアルバムをゲットしたので、聴いてみました。
全16曲入りで、再生時間はトータルで68分。

「テイルズ オブ」シリーズのオーケストラコンサートも、昨年で3回目の開催。
2017年は、「テイルズ オブ ゼスティリア」(TOZ)のアニメ版である「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」(TOZX)にフォーカスを当てた内容でした。

TOZXは第一期と第二期の2回に分けでOAされたですが、第一期は通して見たものの、第二期は気が付いたら終わっていて。
そのため、「アニメの方は曲わからないしなぁ・・・」と思って、このコンサートの参加は見送りました。
今アルバムを聴きながら、行っておけば良かったなぁと軽く後悔しています。
って、2016年版のアルバムを聴いたときにも、同じこと考えたような。

そんなわけで、収録曲の大半はTOZあるいはTOZXの曲です。
ほんの少しだけ「テイルズ オブ ベルセリア」(TOB)の曲もあります。
TOBはTOZの過去話だし、アニメで数話ほどTOBのエピソードも描かれていたので、この構成は納得です。
というか、TOBの「Theme of Velvet」は好きな曲なので、また聴けて純粋に嬉しかったです。

逆に言えば、TOZ(TOZX)とTOB以外の曲はありません。
2016年版はTOZとTOBが主軸だったとはいえ、TOPやTODの曲もあったけれど、2017年版は見事にTOZ(TOZX)とTOB一色。
まぁ、TOZはそれ単体でもコンサートが成立するレベルで良曲揃いだから、わからなくもないですが。

アルバムを紐解く前は、アニメの曲(特に第二期)はわからないしなぁ、とあまり期待していませんでした。
が、一通り聴いてみたら、意外とすんなり聴ける曲ばかり。
半数ほどは聴き馴染みのない曲でしたが、それでも普通に格好良くてドラマテッィクなオーケストラ曲として聴けました。
TOZ(ゲーム)の曲も結構あるので、TOZの曲が好きな方なら、アニメを知らなくても、たぶん普通にいけます。

なにより、「スレイのテーマ~導師~」と「Rising Up」と「Journey's End」が、このアルバム1枚でまとめて聴けるのが有難かったです。
これで、試練神殿メドレーがあったら完璧でした。
TOZXでは、試練神殿の各曲が流れなかったのでしょうか。

個人的にツボったのは、「風ノ唄」のサビのハンドクラップ。
原曲でも印象的だったハンドクラップが再現されていて、何度聴いても楽しくてしょうがないです。
これは現地で聴きたかったし、自分もハンドクラップで参加したかったです。
そういえば原曲にはないタイミングでハンドクラップが入ってたような気もするけれど、それはそれで楽しいから良いです。

「風が育んだ二人の絆」はこのアルバムで初めて聴きましたが、前半のたぎる勇ましさと後半の神秘的なピアノの旋律という緩急の対比が面白い曲で、とても印象的。
アニメのどこで流れた曲かわからないけれど、これは良い演奏でした。

「流浪のザビーダ」は原曲に負けず劣らずの力強く迫力のある演奏で、とても格好良いです。
これも生演奏で聴きたかったなぁ。

そんなわけで、思いの外楽しめたオーケストラアルバムでした。
前述の通り、ゲーム版TOZの曲が好きな方にはとてもオススメです。
アニメのBGM知らなくても、十分聴けるアルバムになっています。

ここ2回ほどTOZメインのテイオケが続いているから、そろそろまた、20周年記念コンサートの時のような歴代「テイルズ オブ」シリーズのマザーシップタイトルごった煮的なコンサートを開催してほしいなぁ。
もしくは、各作品持ち回り制でもいいのではないかと。
要するに、テイオケのアルバムには1曲も収録されていないTOVの曲が聴きたいです。ほら、今年10周年だし。