[ゲームRev] 大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-

推理AVG「逆転裁判」のスピンオフ作品「大逆転裁判」の1作目をクリアしました。
プレイ時間は、たぶん20~30時間程度。

「大逆転裁判」は、あの「逆転裁判」の生みの親である巧舟氏がテキストを手掛けられているということで、発売当初から気になっていた作品でした。
公式サイトのBGMに興味を引かれてOSTは早々に買っていたのですが、ゲーム自体は風の噂で「大きな伏線が回収されずに終わる」と耳にしていて、なかなか手が出ないまま気が付けば2年経過。
続編の2が発売される、しかもダブルパックも個数限定で出る、と聞くに及び、それならばとダブルパックをゲットしました。
で、ダブルパックの1をクリアした次第です。

ダブルパックの1は「大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險- Best Price」と同じもののようなので、ここから先は実質ベストプライス版の感想となります。

噂で耳にしていた「大きな伏線が回収されずに終わる」というのは、まさにその通りでした。
ものすごく思わせぶりなところで、1は終わります。
あまりの伏線の投げっ放しぶりに、いっそ清々しく感じられるほど。
こんなにあからさまに伏線が回収されずに終わったゲームなんて、「英雄伝説6 空の軌跡FC」以来かも。

ただ、既に続編である2が発売されていることを知っている身としては、そこはそれほど苦にならず。
いい感じの引き具合に、むしろ「よっしゃ、このまま2やったるぜ!」という気分になりました。

逆に言えば、1発売当時にプレイされていた方々は、よく2年も耐えられたなと思います。
あからさまに続編作る気満々な終わり方をされたものの、果たして続編が制作されるのかと不安を抱きながら待ち望み続けるのは、相当な苦痛だったのではないかと。
これは、続編制作しなかったら、暴動が起こっていてもおかしくないレベルです。

そんなわけで、1で回収されなかった大きな伏線については2に譲るとして。
ゲーム自体は、「逆転裁判」のナンバリングタイトルと同様に楽しくプレイしました。
証拠をつきつけたときの爽快感が、相変わらずたまりません。

難易度は、それほど高くないと思います。
逆転裁判2や3に比べると易しい方ではないかと。
一番最後につきつける証拠だけ手こずりましたが、攻略サイトに頼らなくても最後までプレイできました。
最悪セーブ&ロードでなんとかなります。

まぁ、手こずった原因は、夜深い時間帯にプレイしていて、最後の証拠をつきつける直前に力尽きて一晩明けたら、そのシーンの直前の記憶がすっぽり抜け落ちてたことでしたが。
ゲーム再開して「・・・・あれ?」となって、ログを見てもそのシーンに至るまでの展開を思い出せず、結局それっぽい証拠を手あたり次第つきつけていたらなんとかなりました。
最終話は証拠の数も多くなるけれど、粘れば自力でもなんとかなります。

とはいえ、事件を整理して推理する能力もそれなりに必要です。
そこはまぁ、推理モノなので、仕方がありません。
とはいえ、ある程度は誘導されるしヒントも提示してくれるので、そんなに難しくありません。

「大逆転裁判」独自のシステムとしては、「共同推理」が個人的にはすこぶるツボでした。
3DCGをフル活用したカメラワークとモーションの演出がとてもテンポ良くできていて、捜査パートの楽しみの1つでした。
あと、人差し指を立ててスチャッと構えるモーションが、なんだかすごく気に入っています。
あれ、真似したくなる。

「最終弁論」もユニークなシステムでしたが、陪審員たちの判決理由が「そんなんでいいのかよっ!?」というものが多くて、どこからツッコミを入れていいのやらと思うことが多かったです。
もうちょっとマトモな理由で判断しろよと思ったり、若干ご都合主義に感じられるところもあったり。
悪くはないけれど、引っかかるところも少々、という印象でした。

それと、音楽がとても良い仕事をしていると感じました。
公式サイトでBGMを聴いて即OSTを購入したくらいなので、もともと音楽の良さは知っていましたが、ゲームをプレイしたことで更に印象が良くなったような気がします。
ノスタルジック(時々和風)なオケっぽい曲が好きな方にはオススメです。

そんなわけで、大きな伏線が回収されないというトラップはあるものの、思いの外楽しくプレイできた作品でした。
2が発売済みであることを念頭に置いて1をプレイすれば、楽しめる作品ではないかと思います。
1で張られて回収されなかった伏線が2でどれくらい回収されるのか分かりませんが、それらはこれからプレイする2の楽しみに取っておきます。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック