[GMCD] 逆転裁判15周年記念 オーケストラコンサート

逆転裁判シリーズのオーケストラコンサートの模様を収録したアルバム「逆転裁判15周年記念 オーケストラコンサート」が発売されたので、ゲットして一通り聴きました。
CD2枚組で、収録曲数は13曲。再生時間は、トータルで約91分。

2017年5月6日に、逆転裁判シリーズのオーケストラコンサートが開催されました。
そのときの模様を収めたものが、このアルバムになります。
昼公演と夜公演があり、各公演で演奏曲目が一部異なっていたのですが、このアルバムにはそういった曲も含めて網羅的に収録されています。
昼公演でしか聴けなかった曲も、夜公演でしか聴けなかった曲も、このアルバムでは聴くことができます。
事情により夜公演には行けたものの昼公演には行けなかった自分としては、これは嬉しい配慮でした。

ナンバリングタイトルだけでなく、「逆転検事」シリーズや「大逆転裁判」などのスピンオフ作品の曲もあります。
演奏会当時にも思いましたが、15周年記念コンサートに相応しい網羅っぷりです。

アンコール曲だった「続・大逆転裁判組曲」(という名のキャラ固有曲メドレー)や「大江戸戦士トノサマン」も収録。
かなりボリュームたっぷりな収録内容になっています。

アレンジは、おそらく全て新規に書き下ろしたものと思います。
過去のオーケストラコンサートで演奏されたものと同じアレンジはなかったような。
「逆転裁判1~3 法廷組曲」も、過去に発表されたオケ版を踏まえた上で、多少のアレンジを加えたような感じになっています。

ちなみに、今回のオーケストラアレンジは全て岩垂徳行さんが担当されたようです。
岩垂さんがBGMを担当された逆転裁判3, 5, 6や逆転検事だけでなく、他の作曲家の方が手掛けられた曲までオーケストレーションされるなんて、すごいな岩垂さん。
ものすごく個性的な曲もあるのに、見事なオーケストレーションでした。

逆転裁判のナンバリング作品は各作品ごとにBGMが異なるので、1~3以外は各作品ごとのメドレーになっています。
1~3だけは、曲数が少ないためか、1つのメドレーにまとめられています。
各作品ごとにちょっとずつ特徴がありつつも、勇ましさや格好良さといった共通した空気感もあって、面白かったです。
ナンバリングタイトルを一通りプレイしている身としては、聴きながら、曲に対応した各作品のゲームシーンや思い出が次々に頭に思い浮かんできました。

キャラ固有曲は、人気のあるキャラクターの曲が4曲ほど。
ただし、3以前に登場したキャラクターの固有曲ばかりです。
個人的にはオドロキくんのテーマ曲が一番好きなので、ぜひオーケストラで聴きたかったのですが、実際に演奏されたラインナップを見ると仕方ないかと思わないでもないです。
成歩堂、御剣、真宵ちゃんには勝てないし、ゴドー検事の曲はメリハリを付けるためのアクセントとしてちょうど良いし。

「大逆転裁判」の曲も好みでした。
コンサート当時「大逆転裁判」のOSTは聴いていたものの、ゲーム自体は未プレイだったので、「ほー」という程度の印象しか抱けませんでしたが、今ちょうど2をプレイしている最中だからかすごく感慨深かったです。
原曲からしてオーケストラと相性が良さそうと思っていましたが、想像以上に相性良かったです。
2のラスト付近までプレイしてから聴いたら、より一層心に突き刺さってくる感じがしました。
「大逆転裁判」の曲だけでも、十分このCDを買って良かったと思いました。

CD音源では、生演奏を鑑賞したときほどの臨場感は、さすがに味わえません。
しかし、コンサートの時の演奏を何度も味わえたり、聴けなかった演奏が聴けたりという利点があるので、よくぞ音源化してくれたとありがたい気持ちでいっぱいです。
スピンオフ含む逆転裁判シリーズにどれか一つでも好きな作品がある方にはオススメです。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック