[GMEV] GAME SYMPHONY JAPAN 26th&27th CONCERT ATLUS Special

10月28日(土)に、GAME SYMPHONY JAPAN(以下、GSJ)の第26回(昼公演)と第27回(夜公演)の演奏会「ATLUS Special ~ペルソナ20周年記念~」が開催されたので、両方とも行ってきました。
会場は、東京オペラシティ コンサートホール。
昼公演は開演13:30で終演15:45頃、夜公演は開演18:30で終演20:30頃でした。

■ペルソナ生誕20周年記念演奏会、ついにFINAL
昨年2016年8月に始まった、GSJのペルソナ楽曲のオーケストラコンサート。
熱い要望に応えるかのように、その後再演に次ぐ再演により、2016年だけで計3回(18th, 19th, 21st)開催されました。
自分は18thと19thに足を運びましたが、どちらの公演もペルソナシリーズへの愛に包まれた、素晴らしい演奏会でした。

そして、今回、ついに最終公演。
第一作の「女神異聞録ペルソナ」が発売されてから、もう20周年ではなく21周年に突入しているのですが、急遽開催されました。
オーケストラコンサートとしては、結構急な開催発表だったような気がします。
よく土曜日のオペラシティ丸一日確保できたなぁ、と思います。

■最終公演に相応しい、密度の高いセットリスト
20周年記念コンサートの最終公演ということもあってか、内容盛り沢山。

昼公演は、これまでのコンサート総決算+αと言わんばかりの内容でした。
18th, 19th, 21stで演奏してきた楽曲を、全部ぶち込んできた感じです。
それに加えて新しくオケで披露された曲もあったりして、事前公開されたセットリストを見たとき、サービス精神旺盛過ぎるだろ!嬉しいけどっ!と思いました。

また選曲も、過去公演と同様に、とても良いところを突いてきていて。
「女神異聞録ペルソナ」からのナンバリングタイトル全作プレイしている身としては、セットリストだけで白米3杯行けるぐらい。
なんかもう鮮やかに良いトコ取りなセットリストでした。
これ、満足しないわけないです。

18thの時から思っていましたけれど、P3以降の楽曲だけでなく、女神異聞録や2罪/罰も網羅的に演奏してくれて、本当にいくら感謝してもし足りません。
女神異聞録発売から20年の時を経て、まさか女神異聞録や2罪/罰の曲をオーケストラで聴ける日が来るなんて、ゲームプレイしていた過去の自分に教えてあげたいくらいです。

一方、夜公演はP5オンリー。
今年3月20日に日本橋三越の三越劇場で開催されたPREMIUM CONCERTを拡張して、フルサイズにしたような感じでしょうか。
PREMIUM CONCERTへは行かなかったので正確なところはわかりませんが、セットリストを見る限りではそんな気がします。

今回のP5演奏会では、PREMIUM CONCERTでは演奏されなかった楽曲も多数追加。
最も大きな違いは、パレス曲を全曲演奏した点でしょうか。
なんだかんだで、ゲームをプレイしていると長時間聴くことになる曲だし、思い出の多い曲でもあるので、そこは単純に「すごいな、全部やっちゃうんだ」と驚嘆しました。

■休憩なしの2時間ぶっ続け演奏
セットリストが公開された時点で、演奏曲数が過去のどの演奏会よりも多いことは分かっていました。
しかし、開演から終演までにかかる時間は、ほぼこれまでと同じ。
「これ、どうやって演奏するんだろう、超短縮バージョンで立て続けに演奏していくのかな?」と、当日まで思っていました。

が、蓋を開けたら、なんと休憩なし。しかも、昼・夜両方とも。
休憩なしのオーケストラコンサートってクラシック音楽でも稀にあるけれど(ベートーヴェンの第九とか)、その多くは全体で約90分程度の若干短い演奏会ばかり。
今回のように2時間たっぷりとぶっ続けというのは、珍しいケースではないかと思います。
休憩時間を削ってまで演奏に注ぎ込むとは、恐るべしGSJ。
それだけに、密度がより一層濃く感じられたような気がします。

とはいえ、途中、休憩という名のゲストトークが10分ほど差し込まれました。
が、作品のファンや原曲のファンにとっては、ゲストトークの時点で休憩じゃないというジレンマが発生。
思わず「なにその休憩(仮)みたいなの」と心の中でツッコミを入れていました。
まぁ、一日2公演もやるし、ステージに立っている方々も人間なのだから限界はあるし、そりゃ少しぐらい休憩が必要ですよね。
それでも、休憩(ほぼ)なしで2時間×2公演分を演奏されるなんて、演奏された方々、コーラスの方々、何よりゲストトークまで含めてほぼ出ずっぱりだった指揮の志村健一氏、本当にお疲れさまでした。
おかげで、とても濃密な時間を楽しく過ごせました。

■ペルソナサウンドらしさを残しつつ昇華させた壮大なオーケストラサウンド
編成は、東京室内管弦楽団+東京混声合唱団+マイネマイネク(バンド)+ボーカリスト(小宮知子さん、川村ゆみさん、平田志穂子さん、Lynさん)+ドラム、キーボード、ピアノという、そうそうたる面々が揃いました。
これまでのペルソナオケコンの中で、最も豪華な顔ぶれではないかというぐらいです。

その豪華さそのままに、演奏も編曲も、オーケストラらしい壮大さに溢れた見事なものでした。
過去のペルソナオケコンだけでなく、他のGSJのコンサートと同様に、相変わらずのハイクオリティです。
原曲の雰囲気を損なうことなく、それでいてオーケストラらしさも十二分に発揮。
オーケストラの生音の迫力、音の洪水を直接我が身に受けて、終始圧倒されっぱなしでした。
ペルソナのオケコン参加は今回で3回目になるのに、今回も感動の坩堝に落とされました。

特に、昼公演が素晴らしかったです。
女神異聞録からP5までの良いトコ取りした選曲の時点で神回決定事案なのに、それを上手くオーケストラ用に編曲、さらに圧巻の演奏で見事に昇華された時点で、言葉が出てこないくらいの歓喜に満たされた気分になりました。
感動しかないし、すごいとしか言いようがないし、なんだよこれもうなんだよっ!
ペルソナシリーズ、好きでい続けていて良かった。

夜公演は、昼公演よりもバンド色、電子音が強いように感じられました。
管弦楽器の音がエレギやベース、ドラムの音に掻き消されていることが多くて、せっかく管弦楽器が揃っているのに勿体ないなぁ、と思ったこともしばしば。
座席位置の問題かもしれませんが。

■照明の演出はやり方次第か?
照明についても、一言。

照明の演出は使い方次第かな、という感じがしました。
昼公演はステージを斜め横から見下ろす位置だったので、ほとんど気にならなかったです。
が、夜公演はステージ正面のバルコニー席で、真正面から強い照明を食らう位置だったため、その度に照明がすごく気になりました。
照明が眩しくて、そちらに気を取られてしまい、音に集中できなかったことがしばしば。
できれば、照明を正面から客席に向けるような演出は避けてほしいなぁ、と思いました。

もっとも、自分が片頭痛持ちで、それに由来する光過敏なところがあるから、余計に気になっただけかもしれませんが。

■感想まとめ
今回で20周年記念演奏会のFINALということでしたが、最終公演に相応しい素晴らしい演奏だったと思います。
今回のコンサートに行けて良かったと心底思いましたし、ものすごく満足しました。
その一方で、これでしばらくコンサートがないのかと思うと非常に寂しいです。
ぜひ、25周年を迎えた暁には、再演していただきたいです。

それと、今回の演奏会も円盤化してほしいです。特に、昼公演。


これより下の追記は、今回のコンサートのセットリストと、印象に残った曲(楽章)ごとの感想になります。
過去にも何度か足を運んでいるので、過去公演の感想(18th, 19th)と被りそうな部分はなるべく避けて、簡潔に記します。


セットリストは次の通りです。
まずは昼公演から。
-----
【昼公演】
[女神異聞録ペルソナ]
1-01. 全ての人の魂の詩
1-02. オープニング/神話覚醒
1-04. 戦闘~テッソ
1-05. 死線
1-06. 雪の女王

[ペルソナ2 罪/罰]
2-01. オープニング/聖槍騎士団
2-03. ジョーカー・テーマ
2-04. 君のとなり
2-05. オープニング
2-06. 舞耶・テーマ
2-07. ボス戦闘
2-08. Change Your Way

[ペルソナ3]
3-01. Burn My Dread
3-02. When The Moon's Reaching Out Stars
3-03. 避けられぬ戦い
3-04. The Voice Someone Calls
3-05. Heartful Cry
3-06. 私が守るから
3-07. キミの記憶

[ペルソナ4]
4-01. Pursuing My True Self
4-02. Like a dream come true
4-03. A Sky Full Of Stars
4-04. Reach Out To The Truth -First Battle-
4-04. I'll Face Myself -Battle-
4-05. 霧
4-06. Heaven
4-07. Never More

<ゲストトーク>

[ペルソナ5]
5-01. Wake Up, Get Up, Get Out There
5-02. Life Will Change
5-03. Bemeath The Mask
5-04. Our Beginning
5-05. 星と僕らと

[アンコール]
E-01. ペルソナQより「changing me」
E-02. ペルソナ4 ダンシング・オールナイトより「ジュネスのテーマ(歌入り)」
E-03. 女神異聞録ペルソナより「サトミタダシ薬局店のうた」/ペルソナ3より「時価ネットたなか」/ペルソナ2 罪より「ペルソナ音頭」
E-04. ペルソナ3より「全ての人の魂の戦い」
-----

この下は、昼公演のうち、ゲームタイトルごとにまとめた感想になります。

女神異聞録ペルソナ
冒頭初っ端からベルベットルームの曲で、会場内が一気にペルソナな空気感に染まりました。
そして、「全ての人の魂の詩」の小宮知子さんの歌唱の美しさと言ったらもう。
オーケストラの演奏の美しさと相まって、極上でした。
また、終盤にスネアが入ったところは、新鮮さを感じました。
スネアが入っただけで、それまでの荘厳さ一色だったところに前向きさがプラスされて、決意のようなものが感じられました。
ゲーム序盤で聴ける曲だから、主人公たちの決心に、コンサートに向けた演奏者側の意気込みが重なって見えました。

毎公演、どうしても気になるのが「戦闘~テッソ」の女声コーラス隊の「にゃー」の可愛らしさ。可愛すぎです。
そして、そこから転じてシリアスになる「死線」のギャップ。
コーラス隊の方々のテンションの切り替えの素早さには、本当に頭が下がります。

「死線」は、今回の演奏会で改めて聴いて、その格好良さに惚れ直した曲の一つです。
後半、すごく格好良かったです。
「女神異聞録ペルソナ」のOST欲しいなぁ。
※ペルソナシリーズで唯一持っていないOSTが「女神異聞録ペルソナ」なので。

ペルソナ2 罪/罰
「聖槍騎士団」の格好良さといったらもう、たまりません。
1ループほどしか演奏されませんでしたが、この演奏だったら30分ぐらいは余裕でいけそうな気がします。
それくらい格好良いです。

「君のとなり」は、演奏を聴いていたら自然と涙が滲んできました。
どちらかといえば明るく前向きな曲なのに、何かが心に刺さったのか、何故か不意に涙が。
尺はゲーム版と同じサイズで、初演時よりも短かったような気がしますが、これまでの演奏会と同様にすごく感動しました。

そういえば、「Change Your Way」といえば、GSJの過去公演でこの曲の演奏を聴いて、PSP版2罰のOST購入を決めたことを思い出しました。
PSP版2罰のOST欲しいなと思いつつも躊躇っていた自分の背中を押してくれたのがGSJだったので、そういった意味でも思い出深い演奏でした。

ペルソナ3
毎公演同じようなことを言っている気がしますが、GSJの「キミの記憶」は本当にすごいです。
川村ゆみさんの全身から放たれる熱量と迫力のあるボーカル、そんな川村さんの歌唱とガチンコ勝負するかのようなコーラス隊のハーモニー、そして極限まで盛り上げるオーケストラの演奏。
三位一体となって音が飛んでくる様は圧倒的で、強力な涙腺クラッシャーでした。
演奏中もそうだし、最後の一音が消えても感動が続くような、心にがっしりと爪痕を残されました。
演奏会から一夜明けた今思い出しても身体が震えてくるくらい、衝撃的だったし感動的だったし、圧巻の演奏でした。
これは、ペルソナの歴史に伝説として刻まれて良いレベルだと思います。
P3好きは必聴レベルです。ぜひ機会があったら聴いてほしいです。

「キミの記憶」があまりに圧倒的だったので、他の曲が吹っ飛びかけているのですが、「Heartful Cry」はオーケストラと相性が良いように感じられました。
ノリが良さとオケの音色が良い感じで共存できていて、聴いていてとても心地よかったです。

「When The Moon's Reaching Out Stars」は今回初演だと思うのですが、ここでペル空耳の呪いが発動しました。
どうしても「住みづらいぽ」としか聴こえなくなっている自分の耳を矯正したいと、この時ばかりはペル空耳を軽く呪ったりもしました。
曲は原曲同様にとてもテンポが良くて、オーケストラ版も良いなぁと感じました。

ペルソナ4
曲に関してではありませんが、平田志穂子さんのドジっ子っぷりがなんだか可愛らしかったです。
登場時に、幅のあるドレスをマイクに引っかけてしまったり、歌う出番を間違えたり。
そんな平田さんに対して、傾いてしまったマイクをさりげなく直したり、出番を平田さんに軽く伝えたりする志村健一さんにも、ほっこりしました。
なんというか、姪の行動を温かくサポートする叔父のような感じでした。
[2017.10.29 19:00追記] 平田さんの出ハケのタイミング間違いは、直前のセットリスト変更が要因だそうです。そうだったのか・・・。

で、演奏についてですが。
「Pursuing My True Self」の「リッチな朝抜きパセリ」は、もうどうしようもないと諦めました。

「Reach Out To The Truth -First Battle-」から続く戦闘曲3曲の後の「Heaven」は、まさに天国な気分でした。
手に汗握る激しい曲が立て続いた後だったたけに、安息の地はここにあった・・・という気分になりました。
束の間の安息にほっとしつつも、ゲームでのことを考えると、落ち着かない気分でもありましたが。

「Never More」は、見事な大団円でした。
2罪/罰や3、この後に演奏された5のED曲のように、がっつりと爪痕を残すようなタイプではありませんでしたが、さっぱりと綺麗に盛り上げて終わるところがP4らしくもあり。
これはこれで、良いエンディングだったと思います。

ペルソナ5
OP曲「Wake Up, Get Up, Get Out There」はゲームサイズだったと思います。
その反面、次の「Life Will Change」はフルサイズだったのではないかと。
かなりたっぷり演奏されました。

個人的には「Our Beginning」を、このタイミングで生オケで聴けたのが嬉しかったです。
19thのときにも聴いているはずなのですが、そのときの印象があまり残っていなくて。
最近、ようやくこの曲の良さに気付いたこともあって、今回特に強く印象に残った曲の一つです。
やっぱりこの曲はオケ映えがしますね。すごく相性が良いです。

そして、オケで聴くのは初めてだった「星と僕らと」。
オーケストラの強みを十分に生かした編曲と、それを十二分に引き出した壮大な演奏、そしてLynさんの力強いボーカルで、迫力のある曲になっていました。
原曲を聴いていたときは大人しい曲というイメージが強いのですが、それをひっくり返された気分です。
好みの問題ですが、個人的には今回演奏されたオケ版の方が好きかもしれません。

アンコール
PQの「「changing me」に加えてアンコール定番曲をこれでもかと言わんばかりに披露。
これ、本当にアンコールですか?と問いたくなるレベルの豪華なアンコールでした。

「サトミタダシ薬局店のうた」の後半(オケがガチで本気になるあのバージョン)が始まった途端に、客席の一部がざわついたのが印象的でした。
まぁ、そうなるよね。自分も初演の時に「なんだあれ!?」って思ったし。
そして、「ペルソナ音頭」でファミ箏の方々まで登場。
演奏を聴きながら、CV.子安武人さんの歌声が脳内再生されました。
いつか、子安さんがゲスト出演されて生歌披露されるのを期待しています。
もっとも、ゲスト出演されたら、円盤化ができなくなるけれど。

オーラスは「全ての人の魂の戦い」。
「全ての人の魂の詩」で始まり、「全ての人の魂の戦い」で終わるという構成が、いつ聴いてもやはり見事です。
小宮知子さんの歌唱は変わらず美しくて、それだけにゲーム内のシーンを思い出して切なくもなりましたが、とても盛り上がったラストでした。


続いて、夜公演のセットリストになります。
-----
【夜公演】ペルソナ5より
[-序章-]
0-01. Wake Up, Get Up, Get Out There
0-02. Phantom

[第1章 脱出]
1-01. 脱出
1-02. Life Will Change
1-03. 逃走~逮捕
1-04. 拷問室
1-05. 全ての人の魂の詩

[第2章 覚醒]
2-01. Last Surprise
2-02. 勝利
2-03. 緊迫
2-04. 覚醒
2-05. Will Power

[第3章 日常]
3-01. Beneath the Mask -instrumental version-
3-02. Tokyo Daylight
3-03. Butterfly Kiss
3-04. My Home
3-05. つまらない
3-06. Break it down
3-07. The Spirit

[第4章 パレス]
4-01. メメントス
4-02. 王と王妃と奴隷
4-03. A Woman
4-04. Price
4-05. 母のいた日々
4-06. Sweatshop
4-07. The Whims of Fate

<ゲストトーク>

[第5章 最終戦]
5-01. 方舟
5-02. 次期総理の船路に捧げる即興曲
5-03. Rivers In the Desert
5-04. Swear to My Bones
5-05. Our Beginning

[第6章 旅立ち]
6-01. 星と僕らと -piano version-
6-02. 星と僕らと

[アンコール]
E-01. 懺悔のお時間/ビッグバン・バーガーのテーマ
E-02. Wake Up, Get Up, Get Out There
-----

この下は、夜公演のうち、印象に残った楽章ごとの感想になります。

第3章 日常
昼公演のときにも感じましたが、「Beneath the Mask -instrumental version-」の気だるいトロンボーンがとてもツボでした。
トロンボーンのゆったりした音色が曲の雰囲気と絶妙にマッチしていて、落ち着くというか安心できるというか。
トロンボーン、GJでした。

短いながらも強烈な印象を残したのが、「The Spirit」。
2人コンガの迫力が半端なかったです。
こんな短い曲も、プロの手にかかるとこんなにすごい曲に化けるのかと、驚愕しかない演奏でした。

第4章 パレス
オールパレス曲な楽章。
「Price」は19thで聴いたことがありますが、そのときほどの大きな衝撃は、正直ありませんでした。2回目だからでしょうか。
その代わり、「母のいた日々」がとても違和感のない演奏で、良い曲だなと再認識しました。
すごく上手くオケ用に編曲されていて、これはとても良かったです。

「The Whims of Fate」はボーカル無しバージョンでしたが、これはこれで自分の好みでした。
ボーカル部分は各種楽器が持ち回りで分担していて、それが上手い具合に繋がっていました。
原曲も好きだけど、今回演奏されたバージョンもアリかと。
個人的には、今回演奏されたバージョンの方が聴きやすかったです。

ゲストトーク
アトラスサウンドチームの小西利樹さんがコメントを発言される直前に、ステージ横からモルガナ登場。
その瞬間、観客の全視線を一瞬で小西さんから奪ったモルガナのインパクトたるや、さすがはネコもとい怪盗団メンバー。
そのモルガナからのお願いという形で、ゲストトークの最後に、杏のバースデーソングを全員で斉唱することに。
伴奏はもちろん、オーケストラ(超本気)。
たぶん、こんなに豪勢なハピバソングを送られた人は、そうそういないと思います。
しかも2次元キャラに送るなんて、ひょっとして世界初なのではないかと。

第5章 最終戦
「方舟」と「Rivers In the Desert」がめちゃくちゃ格好良かったです。
欲を言えば、「方舟」はもっと長く聴きたかったですが、それでもオケでこの曲が聴けて満足です。

そして「Swear to My Bones」以降は、「星と僕らと」無双発動。
続く「Our Begging」の直前には、観客みんなで怪盗団を応援する演出がありました。
日本橋三越公演のときにもあった演出だそうですが、言われて「そういえば、そんなイベントあったな」と思い出しました。
もっとも、声援の方向からして、怪盗団を応援するというよりも、演奏者を応援している気分でしたが。
そのためか、演奏者のみなさんが怪盗団のメンバーのようにも見えました。

「Our Begging」は、昼公演同様に、いや演出の効果もあってか昼公演以上に感動的な演奏でした。
この曲を1日に2回も聴けるなんて、幸せ過ぎる。。。

第6章 旅立ち
1日に2回も生オケで「星と僕らと」を聴けることが、こんなに幸せだとは思いもしませんでした。
それくらい、この曲のオケ版に魅了されてしまったようです。
譜面はおそらく昼公演と同じだったと思いますが、2回聴いても全く飽きないし、むしろまだ何度も聴きたいと思ったくらいです。
しっとりとした導入部からのサビへの盛り上げ方が、たまらなく好きです。
サビの部分の弦楽器の刻みとか、自分のツボ押しまくりな展開が多くて、これは音源が欲しいと切望しました。
そういえば、物販で先行販売されていた21stのBlu-rayに収録されてたっけ・・・後で見なきゃ。

アンコール
オーラスの「Wake Up, Get Up, Get Out There」は、本編と異なりフルバージョン。
とにもかくにも、Lynさんのシャウトが凄まじかったです。
特に、最後のシャウトがすごかった。
シャウトが切れた直後にエコーが2, 3回聴こえたことには、心の底から驚きました。
エコーがかかるように加工したのか、それともマイクとスピーカーの相乗効果でエコーがかかったように聴こえたのか。
後者だったとしたら、すごい劇的な演出だったのではないかと。
あれは本当にすごかったです。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック