[GMCD] パタポン コンプリートサウンドトラック

PSPのリズムアクションゲーム「パタポン」シリーズのコンプリートOSTが発売されたので、購入して一通り聴いてみました。
CD3枚組で、Remix版も含めて全135曲収録。

ちなみに、「パタポン」シリーズは一応多少なりともプレイしたことがあります。
無印は、ストーリー進行上必須のアイテムがどうやっても入手できなくなって、途中で挫折。
そのリベンジを兼ねた2は、エンディングまでプレイしました。
3は、エンディングまでプレイしたかどうかは覚えていませんが、確かプレイしたような気がします。多分。

そんな感じで、もう随分と前のことなので、もはや記憶が曖昧です。
どんなストーリーだったのかまでは、正直覚えていません。
ただ、SEとフィールドのBGMのインパクトがかなり強かったので、その点だけは記憶に強烈に刻まれています。

そんな体たらくなので、本当にゲーム内で使用された曲が完全網羅されているのかどうか、その真偽のほどはわかりません。
ジングルのような短い曲に関しては、このOSTを聴いて「こんな曲あったのか」と思ったくらいです。

なんとなく勢いでOSTをゲットしたものの、封を切って聴き始めるまではそれほど期待していませんでした。
フィールド曲の印象は確かに強いけれど、それほど強い思い入れもなかったので。
が、実際に聴いてみたら、期待が良い方向に裏切られました。

ゲームをプレイしていると何度も聴くことになるフィールド曲は、懐かしさと同時に、バリエーションの豊かさに驚きを感じました。
ゲームの特性上、曲のベースの部分はどの曲もほぼ同じ。
テンポやリズムはもちろん、曲の展開も似たり寄ったりです。
それでいて、伴奏部分でしっかりバリエーションを持たせているところが凄いです。
パタポン(黒塗り一つ目のあの生物)たちの声などに多少の相違はあるものの、基本的にはほぼ同じなのに、よくこれだけのアレンジをしたものだと、感心しきりでした。

それでいて、飽きない点も凄いです。
似たような曲が続いているにも関わらず、全然飽きません。
いくらでも聴いていられる、不思議な魅力があります。
そういえば、ゲームプレイ時もひたすら似たような曲を聴いていたけれど、ちっとも飽きなかったなぁ。
今更ながら、作曲された方の凄さを実感しています。

一部のイベント曲(と思われるもの)を除くと、どの曲もテンポの良いリズミカルな曲です。
聴いていると自然と指や身体が動いて、無意識のうちにリズムを刻んでいることもしばしば。
とにかく聴いていて楽しいです。
こんなに気分がハイになるゲーム音楽も珍しいかも。

あと、パタポンたちの声がとても良いです。
「パタポン」といえばこの声だよなぁ、としみじみ感じます。
ドンチャカした賑やかさが気持ち良いというか、聴いていると活気が出てくるというか。
メンタル下降気味のときに聴くと、元気をもらえる気がします。
あの声は本当に良い仕事してます。パタパタパタポン。

余談ですが、思っていた以上にパタポンたちの声にバリエーションがあって、そこも驚きました。
OST用に加工したものとかもあるのかな。にしては、違和感皆無だな。

フィールド曲といえば、「ギョロッチのテーマ」を聴くと、今年2017年のGWに開催された「Jスタ音楽祭」(GAME SYMPHONY JAPAN 23rd CONCERT)が脳裏に甦ります。
「ギョロッチのテーマ」をオーケストラで生演奏したのですが、そのインパクトがあまりにも強くて。
コーラスとパーカッションによる曲の再現率が半端なかったのです。
秋頃にPlayStation Storeで映像配信していましたが、あれは何度も聴きたくなります。
今でも、映像作品として定期的に見たくなる演奏の一つです。
また配信されないかなぁ

そんなわけで。
思っていた以上に中毒性の高い曲が収録されているので、「パタポン」プレイヤーはもちろんのこと、リズミカルで楽しい曲が好きな方にもオススメです。
垂れ流していると気分がフィーバーして、なんとなく元気が出てくる気がします。ポンパタポンパタウッヒョゥ。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック