[GMEV] THE MUSIC MAGES 7th STAGE ~10th Anniversary~

11月23日(木・祝)に、FINAL FANTASYシリーズのBGMをエレクトーンで演奏する楽団「THE MUSIC MAGES」(以下、TMM)の第7回目となる演奏会が開催されたので行ってきました。
会場は、タワーホール船堀 大ホール。
16:10に開演し、19:40頃に終演しました。

■TMM設立10周年記念コンサート
と銘打たれていましたが、正確には今年11周年らしいです。
昨年のうちに開催したかったけれど、会場の抽選にことごとく落選し、会場を確保できずに今日まで至ってしまったそうです。
最近、会場の確保が難しくなっているという話をよく小耳に挟むけれど、本当に深刻なんですね、箱無い問題。

それはともかく。
TMMの演奏会は、昨年5月の外伝2以来、およそ1年半ぶりの開催でした。
ナンバリングの演奏会に限ると、2014年12月以来となります。
もうあれから3年近く経つのですか。早いな。

自分は、TMMの過去の演奏会には、第6回とその前の外伝に足を運んだことがあります。
昨年の外伝2は、確か都合が付かなくて行けませんでした。
というわけで、自分にとっては実に3年ぶりのTMMの演奏会でした。

■記念コンサートならではの大ボリューム
演奏会の構成は全3部構成。
第1部は、過去の演奏会で人気の高かった曲+FF14の楽曲を演奏。
人気の高い曲というだけあって、どの曲も聴き応えのあるものばかりでした。
中には「この曲が人気あったの?」と自分にとっては意外に感じたものもありましたが。

第2部と第3部は、今回の演奏会のメインディッシュとなるオールFF9プログラム。
数多あるFF9の楽曲から30曲弱ほど演奏されました。

アンコールも含めると、演奏会にかかった時間は3時間半ほど。
客観的に時間で見ると長いですが、演奏会中はそれほど長く感じませんでした。
気が付いたらあっという間に終演だった、という感じです。
途中で休憩が2回挟まれたので、実質3時間ほどでしたが、なんとなく体感的には2時間超ぐらいな感覚でした。
時間間隔がズレていたおかげで、終演後に外に出て時間確認して、「やっべ、早く帰らないと明日に響く!」とちょっと焦ったりもしましたが。

まぁ、演奏時間が長かったのは、周年記念の演奏会であったことを考慮すると、「ですよねー」とも思いました。
記念演奏会らしく、曲数てんこ盛りな、かなりボリュームたっぷりな演奏会でした。

とはいえ、身体は正直だったらしく、終演後席を立ったときは流石に腰が痛かったです。

■エレクトーンの魅力を生かした編曲
TMMが他のゲーム音楽系の楽団と大きく異なる特徴は、得物がエレクトーンという点だと思います。
エレクトーン1~3台+ゲストボーカルという少人数ながら、ものすごく多彩な音色を出せるのは、エレクトーンの魅力の一つかと。
やろうと思えば、原曲再現も可能だったと思います。
片や電子音のゲーム音楽、片や電子楽器のエレクトーンなので、指と足の動きが追い付ける曲ならば、かなり近いところまで再現できたのではないかと。

が、そこを敢えてしないところがTMMらしいところ。
TMMならではの編曲を聴かせてくれたところは、ライブ感を感じられて良かったです。
また編曲も、原曲を生かしつつ、エレクトーンの持つ表現の幅の広さを引き出すようなもので。
オリジナルのフレーズや展開が入っていたけれど、それが程良い感じで、違和感なくすんなり聴けました。

それと、曲の終わり方も鮮やかだったと思います。
ゲーム音楽はループ系だから終わりのない曲が多いけれど、今回演奏された曲は終わり方まで丁寧に作り込まれていて。
どの曲も、綺麗に上手く締めくくられていました。

■両手両足フル稼働の迫力のある演奏
TMMの武器はエレクトーンなので、演奏は両手だけでなく両足までフル稼働。
その縦横無尽に動いている様は、ある意味圧倒的でした。
両手の10指だけでなく2本の両足も含めた計12本があっちへこっちへ動く様は、見ているだけでも迫力がありました。
特にバトル曲のような激しい曲が凄かったです。
人間ってこんな動きもできるのかぁ、と感心しきりでした。

今回演奏された方々みなさん、本当にすごい器用だと思います。
あまりに器用な動きで、演奏中のエレクトーン奏者の脳波の動きがどうなってるのか、観測してみたい気分になりました。
ほんと、どういう動きしてるのか、めっちゃ気になる。

音色自体は、正直なところ、実際の楽器の生音にはまだまだ及ばないと思いました。
エレキギターやベース、ピアノの音は、かなり実際の音に近かったように感じましたが、弦楽器はまだまだ再現が難しいのでしょうか。
あの深みのある音色には、到達しきれていない感じがしました。
ただ、それはそれと割り切ってしまえば、演奏自体はとても迫力のあるものでした。
最大3台しかエレクトーンはなかったのに、それを感じさせないほど多彩な音色を自在に操っていたのは、純粋に凄かったです。
技術の進歩もすごいけれど、難しいフレーズを弾きこなしていた演奏者の方々もすごかった。

■無料公演とは思えないほどの手の込んだ映像の数々
今回の演奏会で、一際目立ったのは映像の演出でした。
無料の演奏会とは思えないほどに凝った映像が、かなりの曲で流れていました。
特に、FF14のプレイ動画を演出映像として利用していたのは、「なるほど、そうきたか」と興味深かったです。
FF14のプレイ動画って、許諾を取ればそういう使い方もできるのか、と目から鱗でした。

ただ、個人的には「演奏会に映像は不要」派なので、映像はあまり見ていませんでした。ごめんなさい。
映像に目を向けてしまうと聴覚が疎かになって、音に集中できなくなってしまうので、それがイヤなタイプなのです。
そのため、映像をなるべく視界に入れないようにしていたので、あまり細かいところまで見ていませんでした。

ちなみに余談ですが、映像演出自体は否定しません。映像演出があった方が嬉しいという意見の方が多いと思うので。
自分が見なければいいだけの話なので、映像演出はあっても全然構わないと思ってます。

■トラブルもあったけど、むしろご褒美でした
そんな色々てんこ盛りな演奏会でしたが、てんこ盛りな分、ミスもあちこちにありました。
演奏ミスも、3年前の6thよりも多かったような気がしました。
6thがあまりミスがなかったような気がするので、今回は余計に多く感じたのかもしれません。
また、後半になればなるほど、演奏ミスが増えていったようでした。
長丁場だったから、HPが削り取られて疲れが出てきたためでしょうか。

なんとなくちょこちょこと感じたのは、打ち込みのパーカッションと演奏が若干ズレていたところ。
最初と最後は合っていたけれど、中間で時々ズレることがあって、なんだか座りの悪い感じがしました。
運指が追い付かないとかで、打ち込み音源に完全に合わせるのは難しいのでしょうか。

演奏ミス以上にインパクトの大きかったものといえば、機材トラブル。
1曲目からいきなりのトラブルに見舞われて、演奏者さんは相当焦ったのではないかと思います。
なんでも、2台のエレクトーンをMIDIケーブルで繋いで同期させようとしたところ、スレイブ側が正常に動作してくれなかったらしいです。
コネクタの接触不良か、ケーブルが断線しかかっていたのでしょうか。
開場・開演時間がやや押していたのも、機材トラブルが原因ならば、仕方ない気がしました。
ある意味エレクトーンらしいトラブルで、むしろ珍しいものが見れたと思っています。
根が情報系エンジニア気質な上に、昔DTMも齧っていたクチなので、機材トラブルで機器の構造の一端を知ることができて興味津々でした。
「あ、そういうことをやっていたのか」と、合点がいった感じです。
それに、新しいことに挑戦する姿勢は、好ましく感じました。

■感想まとめ
自分にとっては3年ぶりとなるTMMの演奏会でしたが、今回も楽しませていただきました。
エレクトーンという、他ではなかなか聴く機会のない楽器の演奏を、存分に楽しめました。
いつも思うことだけれど、たった1台であらゆる音色を奏でられるところは本当にすごいし、演奏者の方々の器用な弾きっぷりもすごいと思います。
ぜひこのまま、15年、20年と続けていってほしいです。


これより下の追記は、今回のコンサートのセットリストと、印象に残った曲ごとの感想になります。


セットリストは次の通りです。
-----
[第1部]
1-01. ファイナルファンタジーV メインテーマ feat.はもえれ
1-02. CHOCOBO×CHOCOBO 2014
1-03. FINAL FANTASY 零式より「我ら来たれり」
EX-1. FINAL FANTASY XVより「Stand Your Ground/APOCALYPSIS AQUARIUS」
1-04. FINAL FANTASY Vより「ビッグブリッヂの死闘」
1-05. FINAL FANTASY 6メドレー
魔列車/スラム・シャッフル/ジョニー・C・バッド
1-06. FINAL FANTASY VIIより「J-E-N-O-V-A」
1-07. FINAL FANTASY VIIIより「Force Your Way」
1-08. FINAL FANTASY XIVより「忘却の彼方 ~蛮神シヴァ討滅戦~ / Oblivion」
1-09. FINAL FANTASY XIVより「And You! - A Realm Reborn Medley / And You! ~新生エオルゼアメドレー~」

[第2部] FINAL FANTASY IXより
2-01. いつか帰るところ/ビビのテーマ/この刃に懸けて
2-02. あの丘を越えて/バトル1
2-03. 月なきみそらの道化師たち/タンタラスのテーマ
2-04. 走れ!/バトル2
2-05. 盲進スタイナー/クイナのテーマ/ジタンのテーマ
2-06. ハンターチャンス
2-07. 永遠の豊穣~Eternal Harvest~
2-08. Vamo' alla Flamenco/守るべきもの

[第3部] FINAL FANTASY IXより
3-01. 飛空艇ヒルダガルデ
3-02. 時を刻む城パンデモニウム/独りじゃない
3-03. 銀竜戦
3-04. 破滅への使者/最後の闘い
3-05. 記憶の歌/盗めぬ二人のこころ/その扉の向こうに
3-06. Melodies of life~FINAL FANTASY

[アンコール]
E-01. FINAL FANTASY IX (人外)メドレー
ウクレ・le・チョコボ/モーグリのテーマ/振りカエルと奴がいる
E-02. FINAL FANTASY XIVより「天より降りし力」
E-03. FINAL FANTASY IV(DS版)より「月の明り」
-----

これより下は、印象に残った曲ごとの感想になります。

1-02. CHOCOBO×CHOCOBO 2014
「チョコボのテーマ」を様々にアレンジしたメドレー。
ノーマルバージョンから始まり、ロ〇サガ3風バトル調、パッヘルベルのカノン調、演歌調、FF7の「エレキ・デ・チョコボ」と続いて、ラストは「勝利のファンファーレ」風アレンジでしょうか。
6thで初めて聴いたときにも思いましたが、本当に「混ぜるな自然」です。
違和感が仕事しなさ過ぎてびっくりです。

また、カノン調で純度100%のピュアっぷりを振りまいておきながら、その直後の演歌調で飲んだくれサラリーマンなチョコボに続いたときには、「あの頃の純粋さを返せ!」と半ば本気で思ったりもしました。
これはもう、編曲の勝利としか言いようがありません。
あの落差は、ちょっとクセになりそうです。

そういえば、FF7のスノボ(ミニゲーム)の「変」評価が、すごく懐かしかったです。
友人と「変」評価を出すためだけに学祭前夜に徹夜してプレイしていたのも、今となっては良い思い出です。

1-03. FINAL FANTASY 零式より「我ら来たれり」
今回の演奏会の目当ての半分はこの曲だったのですが、ヤバいぐらいに冒頭から格好良かったです。
元々原曲が大好きなのですが、あまりにも演奏が格好良過ぎて、いきなり号泣しかけました。
神曲はやっぱり神曲だったと、しみじみ実感。
選曲してくれて、本当にありがとうございます。

EX-1. FINAL FANTASY XVより「Stand Your Ground/APOCALYPSIS AQUARIUS」
FF15はゲーム未プレイ+OSTも初回限定版を買ってあるクセにまだ封を切っていないという状態だったので、結局今回の演奏会で曲を初めて聴くことになりました。
その結果、思いの外強かった下村節に心を煽られ、これはFF15をプレイせねばなるまいっ!という妙な使命感に駆られました。
FF15やりたい熱をいい感じに刺激されたような気がします。
積みゲーがどっさりあるから今年中は難しいけれど、なんとか来年中にはプレイしたい(決意表明

1-05. FINAL FANTASY 6メドレー
これはまた、なんというか、ものすごーく地味ーなメドレーを持ってきたなぁ、という感想に尽きます。
ただ、地味だけど、嫌いではないです。
「魔列車」は、ドラムセットが加わってジャズっぽくなっていました。
疾走感があったかどうかはともかく、原曲とは一風変わった風を感じました。
これはこれで、面白いアレンジだったと思います。

1-06. FINAL FANTASY VIIより「J-E-N-O-V-A」
あの雪崩落ちるアルペジオを弾きこなせるのかドキドキしながら鑑賞していましたが、やや苦労しながらも頑張って再現しようとしていた姿に拍手を送りたいです。
手の動きが、なんだか人間技とは思えない動きをしていました。
そこにさらに足の動きまで加わって、エレクトーンってとんでもなく忙しい楽器なんだなと、ひしひしと感じました。
本当に、エレクトーン奏者さんってすごいな。自分には無理だ。

1-07. FINAL FANTASY VIIIより「Force Your Way」
前曲に引き続き、激しいバトル曲。
こっちもこっちで、手の動きが半端なかったです。
これ、腱鞘炎になったりとかしなかったのでしょうか。
そんな一抹のハラハラ感がありつつも、それすらもバトル曲ならではの緊張感のように感じられて、すごく迫力のある演奏で胸熱でした。

1-08. FINAL FANTASY XIVより「忘却の彼方 ~蛮神シヴァ討滅戦~ / Oblivion」
今回、初めて聴いた曲です。
原曲はロック調らしいのですが、今回演奏されたのはピアノ主体+ボーカル付きのしっとりしたバラード調。
ピアノの透き通った調べが非常に美しくて、シヴァっぽさ満点でした。
あまりの神秘的な響きに、逆に原曲とどれくらい違っているのか気になりました。
ロック調って、一体どんな感じなんだろう。想像が付かない・・・。

2-04. 走れ!/バトル2
ゲームプレイ時やOSTで聴いていたときにはあまり気にならなかったのですが、「走れ!」の変拍子が鬼畜でした。
何あの変拍子の嵐。演奏者泣かせとしか思えません。
というか、よく選曲しましたねこれ。
普通は避けて通る曲だと思いますが、そこにあえて真っ向から勝負を仕掛けるのがTMM流なのでしょうか。
その心意気は素晴らしいと思うし、その逆境を跳ね除けて見事に弾きこなしていたのもすごかったです。

そして、そんな鬼畜曲からの「バトル2」は、本当に胸熱でした。
「走れ!」でいい感じに気持ちが昂ったところでの「バトル2」です、たぎらないわけがありません。
演奏も編曲もとても熱くて、格好良かったです。
2人のエレクトーンの演奏がとても息ぴったりだったところも、ポイントの高い点でした。

2-05. 盲進スタイナー/クイナのテーマ/ジタンのテーマ
とにもかくにも、「クイナのテーマ」を選曲してくれてありがとうございます、と言いたいです。
この曲のティンパニ―がめっちゃ好きだったことを、演奏を聴いて思い出しました。
会社の休憩室にティンパニ―があったら、ストレス発散に一度は叩いてみたいリズムです。
これ、打ちこなせたら絶対に気持ちがいいヤツに違いないですよ。
(もっとも、今回の演奏会では、ティンパニ―は打ち込みでしたが)

それと、ティンパニーに絡む電子音の飛び跳ねっぷりも気持ちが良かったです。
あの予測不能な音の動きがクイナっぽくて、実は何気に好きだったりします。
今回、そのあたりも見事に演奏してくれていて、本当にありがとうございます。

2-07. 永遠の豊穣~Eternal Harvest~
今回の演奏会で一番印象に残った演奏でした。
まず、エレクトーンだと1人で演奏できてしまうことに驚愕。
そして、演奏者さんがものすごくたいへんそうだったけど、ものすごくノリノリで楽しそうに弾いていたのも印象的で。
さらに、民族音楽調の曲が好きな性分なのでそもそも原曲が大好きなのですが、そこから更に少し民族音楽色を強めたアレンジはもはや好物以外の何物でもなかったです。
中間に挟まれたオリジナルフレーズもとても良い繋ぎになっていて好印象。
そんな三重の意味を込めて、とても印象に残った演奏でした。
これはすごかった。すごいとしか表現のしようがないくらいすごかった。
演奏音源があるなら、喉から手が出るくらい欲しいです。

2-08. Vamo' alla Flamenco/守るべきもの
「Vamo' alla Flamenco」はなんとなく物足りなさを感じたのですが、演奏が終わってからその原因に気付きました。
これまでBBFFなどでこの曲の生演奏を立て続けに鑑賞する機会があって、生カスタネットの迫力に触れていたけれど、今回それがなかったから物足りなく感じたのかもしれません。
「Vamo' alla Flamenco」の醍醐味は、ひょっとするとカスタネットの生演奏姿のインパクトなのかもしれない・・・と気付かされた瞬間でした。

インパクトといえば、「守るべきもの」の和音の強連打が圧倒的迫力でした。
それなんてSTGですか!?ばりの連打ゲーで、人の手ってそんな連打ができるものなのかと感心しました。
そして、そんな難曲を鮮やかに弾きこなしていたのが見事でした。

3-02. 時を刻む城パンデモニウム/独りじゃない
「時を刻む城パンデモニウム」のパイプオルガンが奏でる荘厳な格好良さ、そして「独りじゃない」の勇壮な格好良さ。
格好良い+格好良いで、格好良さしかなかったです。
なにこの、脳が揺さぶられるくらいに耳が幸せなメドレーは。
鑑賞していて、格好良さに圧倒されて言葉を失いました。
正直、この2曲のメドレーに関しては「格好良い」しか出てきません。

3-03. 銀竜戦
原曲よりかなりテンポを落としたアレンジでした。
さすがに原曲と同じテンポでは弾けなかったのでしょうか。
実際に演奏する姿を見て、これは原曲と同じテンポは無理だな、と感じたので、スローにして正解だったと思います。

3-04. 破滅への使者/最後の闘い
「最後の闘い」で入る亡霊のようなSEは、エレクトーンで実際に弾いて再現していました。
エレクトーンって、そんなSEも再現できるのか。すごい万能。

ステージ向かって右側の華奢な女性が、「破滅への使者」でも「最後の闘い」でも、どちらもバリバリのロックをノリノリで演奏。
しかも、主に担当されていたのがエレギやベースの音だったのですが、そのギャップに驚きつつも、演奏する姿がとても格好良く見えました。
実際、演奏自体もおどろおどろしさがありつつも疾走感もあって、格好良かったです。

3-06. Melodies of life~FINAL FANTASY
「Melodies of life」は、ゲストボーカリストの伊田恵美さんによる歌唱付き。
歌詞は、2番のサビだけ英語で、他は日本語でした。
大サビの歌詞が日本語で、軽くほっとしました。
あそこは日本語歌詞の方が、意味が明確に分かるだけに重みが膨れ上がるので。

「Melodies of life」からの「FINAL FANTASY」は、ガチで国歌でした。
「Melodies of life」の感動を引き継いだままのメインテーマだけに、より重みの感じられる演奏だっと思います。
これは、マジで国歌だ。感動の極みでした。

E-02. FINAL FANTASY XIVより「天より降りし力」
今回の演奏会、メインのFF9はともかくとして、全体的にFF14の曲が多かったなぁ、という印象です。
それが悪いわけではなく、FF14の曲は結構好きなので、むしろ「いいぞ、もっとやれ」と思ったクチですが。
この「天より降りし力」もFF14の中の好きな曲の1つなので、アンコールで聴けて大満足でした。
みんな、もっとFF14の曲を演奏すれば良いと思います。

なんて言ってるけれど、自分はFF14未プレイの上、OSTも「新生エオルゼア」までしか追えていなかったりするのですが。
いつか、全OST制覇したい所存。

E-03. FINAL FANTASY IV(DS版)より「月の明り」
オーラスは、DS版FF4のテーマソングである「月の明り」。
伊田恵美さん+FFだったら、そりゃそうですよね、と納得の選曲でした。
「愛のテーマ」は耳馴染みな一方で、そのアレンジである「月の明り」の方はよく知りませんでしたが、原曲の良さが生きている美しい曲でした。
ピアノの澄んだ調べと伊田さんのボーカルの響きがとても綺麗で、こんなに貴重な現場に遭遇できた自分は幸せ者かもしれません。
こんな機会、そう滅多にあるものじゃないと思うと、感動も一入でした。

コメント

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/11/25(土) 15:50:23 | #[ 編集]
Re: ありがとうございます☆
コメント、ありがとうございます!
また、とても素敵な演奏も感謝感激でした!
あまりに自分の好みド直球で、一撃で心を射抜かれました。最高でした。
ぜひ、再演を期待しております。
2017/11/25(土) 18:44:37 | ふゆき #-[ 編集]

コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック