[GMCD] デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 超力兵団 音楽全集

2006年にPS2用ソフトとして発売されたRPG「デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 超力兵団」のOSTをゲットしたので、一通り聴いてみました。
CD2枚組で、収録曲数は全33曲。
再生時間は、トータルで73分ほど。

このOST、昨年、友人から誕生日プレゼント兼クリスマスプレゼントとしてもらったものです。
ゲーム音楽が三度の飯より好きな身としては、めっちゃうれしかったです。さすが、わかってる。
もらった後でちょっとAmaz〇nで調べてみたら少しプレミアが付いてて、若干ガクブルしたりもしましたが。
い、いいのかなこれ、もらって・・・もう返さないけど。

ちなみに、「デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 超力兵団」自体は未プレイです。
女神転生の系譜の作品はいくつかプレイしているけれど、そういえばデビルサマナーシリーズは1作もプレイしていなかったです。
名作と誉れ高いソウルハッカーズぐらいはプレイしておきたいのですが・・・そうやってどんどん高くなる積みゲーの山。

そんなわけで、例によって予備知識皆無な状態で一通り聴いてみたのですが、格好良くてスマートでスタイリッシュな曲ばかりでした。
全体的にバンドサウンドっぽさが強いですが、結構聴きやすいです。
なんというか、ペルソナ3と5を足して2で割ったような感じ、というのが第一印象でした。

そもそも、本作のコンポーザが目黒将司さんなので、曲調が似るのはさもありなんというか。
これまでペルソナシリーズ(3以降)の楽曲を聴いても目黒さんの曲というのをあまり意識してこなかったのですが、本作を聴いたら「あ、目黒さんだーっ!」と強烈に感じました。
それくらい、強力に目黒さんっぽさのある曲ばかりです。

ただ、ペルソナシリーズほど自己主張は強くなくて、あくまでゲームを盛り上げるための存在という立ち位置を正しく守っている感じです。
だけど、じっくり聴いてみると良曲が多い印象。
「強敵」や「ゆけ!ライドウ!」、「追いつめろ!」あたりの滾る感じは、聴いていてとても気持ちが良いです。
「ひと時のやすらぎ」のノリの良いジャズテイストなところも好印象。
「業魔殿」のパイプオルガンは女神転生の系統らしい荘厳さたっぷりで、「そう、これこれ!」という気分になりました。
「ヤタガラスの使者」のようなしっとりした抒情的な曲も、染み入るような感じがとても良いです。

他にもたくさん良曲があったのですが、その中でも個人的に一番強く印象に残ったのは、「いざ、決戦!」。
シンプルな曲なのですが、太鼓の重低音が思いの外耳に残っています。
あの、人の恐怖心を力づくで煽るような、必要以上に不安を駆り立てるような、やや宗教色の帯びた太鼓の音色です。
そこに被る形で途中から他の音色が入ってくるのですが、そこに太鼓に打ち勝つための勇敢さが感じられて、とても格好良い。
そのバランスが、とても印象に残りました。

ゲーム未プレイで聴いてみたOSTでしたが、良曲揃いで結構楽しめました。
ゲームをプレイされた方はもちろん、目黒将司さんの曲が好きな方、ペルソナ3以降のシリーズ作品の曲が好きな方にもオススメです。1曲ぐらいは好みの曲に出会えるのではないかと思います。
今からOSTを入手するのは難しいかもしれませんが、機会があったら聴いてみてほしいです。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック