[GMEV] Gloria Angelicus philharmonic concert

2月11日(日)に、「Gloria Angelicus」(以下、ぐろりあん)の演奏会が開催されたので行ってきました。
会場は、かつしかシンフォンニーヒルズ モーツァルトホール。
13:30に開演し、16:00に終演しました。

今回の感想は、いつもより簡潔にまとめようと思います。たぶん。
少し疲労が溜まっているのか、若干体調良くない感じがするので。
言葉足らずなところがあったら、すみません。

■今年初コンサートは、オール・ゼノギアス・プログラム
というわけで、2018年明けて初のコンサートでした。
気がついたら今年もあっという間に1ヶ月が過ぎていて、ここ数年は年20回ほどコンサートに出かけていた自分が、1月ひたすら引きこもっていた事実に愕然としたりしてなかったり。

そんな記念すべき2018年初コンサートは、ゼノギアスオンリーのプログラムでした。
ゼノギアスは、曲もゲームも大好きです。
あの練り込まれた壮大な世界観が自分好みド直球で、久しぶりにやり直したいPS時代のゲームの1本です。
ストーリーや設定の細かいところを忘れかけているので、やり直して記憶を補強させたいところ。
設定資料集という名の鈍器を、プレイ当時に買わなかった(懐事情により買えなかった)過去の自分に、今になって少しガッカリしています。
買っとけよ、過去の自分。

ゲームも好きだし曲も好きなので、ゼノギアス20周年というまさにドンピシャな日に開催される今回の演奏会を、逃す手はありませんでした。
DQやFFならともかく、ゼノギアスオンリーの演奏会なんて次いつあるかわからないし、今行かないでいつ行くよ!? という意気込みで、予約開始後すぐに申し込みをしたのは言うまでもありません。

ちなみに、4月開催予定のオフィシャルコンサートは、チケ取り全敗しました・・・となる予定だったのですが、今日の一般販売で無事にチケット取れました。
先行抽選でことごとく負け続けたから、これはもうきっと縁がないんだろうなぁ、とダメ元でソラリスシートの一般販売に挑戦したら、うっかりあっさり確保。
やばい、今年の運、今日全部使い果たしたかも。

■「MYTH」を中心にしたオーケストラアレンジの数々
ぐろりあんの演奏会開催は、ゼノギアスのオーケストラアレンジアルバム「MYTH」を演奏したいという想いがそもそもの発端らしいです。
そのため、「MYTH」の楽曲を中心に据えたプログラム構成になっていました。

ただ、「MYTH」だけでは尺が圧倒的に足りないので、ぐろりあん独自アレンジの曲も披露。
その結果、かなりの曲数が演奏されました。

第1部はオリジナル編曲の演奏、第2部は「MYTH」の全曲演奏。
第1部はメドレーになっている曲もあったので、全部で27曲ほど演奏されました。
OST収録曲の半分以上が、今回オーケストラで演奏されたことになります。
予想以上にたっぷり演奏してくれて、ゼノギアスの楽曲好きとしてはかなりホクホクしました。

「MYTH」に関しては、生演奏してくれてありがとうございます、と心から言いたいです。
まさか「MYTH」の楽曲を生オケで、しかも全曲聴ける機会が来るとは、思ってもみませんでした。
今回の演奏会を企画・開催してくれて、本当にありがとうございました。

■やや小ぶりだけど、とても丁寧な演奏
演奏は、とても丁寧だったと思います。
時々音がピヨッていたり、音の重なりがズレていたりもしたけれど、無料という点を考慮すれば十分に許容範囲内。
むしろ、無料コンサートにしてはレベルが高かったです。
演奏技術力は全体的に高かったし、音のバランスやハーモニーがとても綺麗で美しい響きでした。

欲を言えば、全体的にもう少し音量が欲しかったです。特にヴァイオリンとコーラス。
なんというか、こう、生演奏ならではの音がぶつかってくる臨場感が弱かったというか。
ひょっとしたら、ホールの構造上、あまり音が遠くに飛ばなかったのかもしれませんが。
ただ、部分的に音が爆発していたところもあったけれど、全体的に均すと、なんかこう、もうちょっとガツンと欲しいという気分になりました。

そんなわけで、演奏会後に感じた印象を一言でまとめるなら、小粒ながらも手堅く綺麗にまとめた響き、という感じでした。
あ、でも、戦闘曲はドカンとした迫力があって、とても格好良かったです。

■原曲重視の素直なアレンジ
ぐろりあんオリジナルアレンジ曲を演奏した第1部では、6人の編曲者さんによる7編の曲が披露されました。
どの曲も、原曲をわりと素直にそのままオーケストラに落とし込んだものが多かった印象です(1曲除く)。
アレンジも入っていないわけではなかったけれど、それほど強くなく。
「MYTH」の楽曲よりも、原曲が残っていたように思います。

「MYTH」の楽曲オンリーだった第2部は、「MYTH」の曲をたぶんそのまま演奏されたと思います。
あらかじめ軽く予習してから今回の演奏会に臨みましたが、違いはほとんど感じられませんでした。

そういえば、「MYTH」って楽譜販売されたのでしたっけ?
それとも、今回のために誰かが聴き取って書き起こしたのでしょうか。

■演奏以外の話題もろもろ
開演前のアナウンスは、とてもゼノギアスらしいものでした。
端的に言えば、「缶詰」や「ソイレントシステム」をぶち込んできたものだったのです。
観客の大半はゼノギアス好きなので、それらの単語が出る度に笑いが起こっていました。
マナー違反はソイレントシステム行きって、なにそれこわいw

また、アンケート用紙にもシタン先生ネタが仕込まれていて、軽く笑いを誘われました。
とりあえず、礼儀として「いいえ」にしておきました。

今回のぐろりあんの演奏会は光田康典さんもご存知だったようで、ホールに花が飾られていました。
また、来場される予定だったそうなのですが、急きょ来られなくなってしまい、代わりにメッセージが読み上げられました。
その中で印象に残っているのは、

・今回、来場する予定だったが、イナ〇〇イレ〇〇と20周年記念コンサートの仕事により、会場へ行くことができなくなった。
・今、ゼノギアスを発売したら、きっとCERO判定が限りなくZに近い。

あたりです。
20周年記念コンサートでは、仕方ありません。が、許すまじLv5(真顔

■感想まとめ
曲がゼノギアスオンリーならば、会場にいた人々の大半もゼノギアス好きという、ゼノギアス好きによるゼノギアス好きのためのゼノギアス一色な演奏会でした。
演奏がとても上手だっただけでなく、演奏の端々からゼノギアスへの敬意と情熱が感じられて、気分がほっこりしました。
20周年という節目の日に、とても良い演奏会をありがとうございました。耳が幸せでした。
次回、25周年のときに、ぜひお願いします。


これより下の追記は、今回の演奏会のセットリストと、印象に残った曲ごとの感想になります。


セットリストは次の通りです。
-----
[第1部]
1. つわものどもが夢のあと
2. 憧憬~翼
3. 大空と雲ときみと~蒼き旅人
4. 星の涙、人の想い~夜空一杯の星を集めて
5. 導火線~紅蓮の騎士
6. グラーフ 闇の覇者~傷もてるわれら 光のなかを進まん
7. 予感~覚醒

[第2部] -MYTH- The Xenogears Orchestral Albumより
8. 冥き黎明
9. 海と炎の絆
10.おらが村は世界一
11.遠い約束
12.死の舞踏
13.やさしい風がうたう
14.風が呼ぶ、蒼穹のシェバト
15.飛翔

<休憩>

16.悔恨と安らぎの檻にて
17.神無月の人魚
18.lost... きしんだかけら
19.盗めない宝石
20.最先と最後
21.SMALL TWO OF PIECES (Off Vocal ver.)

[アンコール]
22.ゼノギアス アレンジヴァージョン CREIDより「LAHAN」
-----

これより下は、印象に残った曲ごとの感想になります。

3. 大空と雲ときみと~蒼き旅人
「大空と雲ときみと」の序盤木管アンサンブルだったのですが、これがすごく良かったです。
牧歌的な「大空と雲ときみと」の曲調と、木管楽器の素朴で柔らかい音色の相性が抜群に良くて、ほのぼのしました。
なにこれ可愛い癒される。

5. 導火線~紅蓮の騎士
ここまで比較的ゆったりな曲が続いてきた上に、音色がとても綺麗で、心地良くなってウトウトしかけていたのですが、「導火線」で一気に目が覚めました。
「導火線」の演奏を鑑賞していたときに頭の中で渦巻いていた感想は、「なにこれ超面倒くさそう」でした。
基本的にゲーム音楽は実演奏に不向きだし、さらにゼノギアスの曲は変拍子が多いけれど、その中でもとりわけ演奏の難しそうな曲に見えました。
よくこの曲を空中分解させずにまとめたなぁ、と感心しきり。
ただ、上手く決まるととても気持ち良さそうにも見えました。
演奏者的にはどうだったのだろう。

「紅蓮の騎士」が格好良かったのは、言うまでもなく。
ちなみに、原曲にあった加工音声みたいなところは、まるっとカットされていました。

6. グラーフ 闇の覇者~傷もてるわれら 光のなかを進まん
かなり上で書いた「(1曲除く)」の「1曲」はこれです。
この曲だけ、かなり盛大にアレンジされていました。
とはいえ、このアレンジ、個人的にはすごく好みで悶絶ものでした。
心の中で「うっわ、すごい・・・すごいよ・・・」と感動で胸が詰まりました。
「グラーフ 闇の覇者」の怒りと、そこに覆い被さるように入ってくる「傷もてるわれら 光のなかを進まん」の純粋な想い。
その表現力が、とにかく凄かったです。
バスドラの怒号のような轟音がグラーフの怒りを、コーラスの透明に澄み切った響きがグラーフに残ったエリィへの想いを表しているように感じられました。

第1部の他の曲は、2曲をメドレー形式にしたものが多かったのですが、構造は大体↓のような感じでした。

|  1曲目  |  2曲目  |

その一方で、このメドレーは↓のような感じ。

|Intro|  1曲目 \ 2曲目  |

特徴的だったのは、1曲目から2曲目へ移行する部分。
1曲目と2曲目が綺麗に分かれているのではなく、1曲目に2曲目が混ざりつつ移行していく様が、人の感情の複雑さを表しているようで、なんともたまりませんでした。
これ、すごく良かったです。個人的にとてもツボでした。

9. 海と炎の絆
「MYTH」の音源を聴いていたときは気付かなかったけれど、この曲のタンバリンの貢献度すごく高いですね。
中間付近の木管楽器の掛け合い以降の後半は、ほぼタンバリン無双。
タンバリンなくしてこの曲は語れない、と言わんばかりに、タンバリンがとても格好良かったです。
タンバリンって、こんなに格好良かったのか。

11.遠い約束
ピアノの澄んだ響きがとても美しくて、演奏も完璧で、とても良かったです。
この後の「神無月の人魚」もそうだったのですが、アルバム「MYTH」の演奏に近い形で演奏されていて、そこが好印象でした。
ピアニストさん自身の色を付けた演奏も聴いてみたい気もしますが、この率直な感じも好感を持ちました。

12.死の舞踏
演奏会全体通しても、演奏者さんが一番生き生きしていたのがこの曲だったような気がします。
特に金管楽器と打楽器は、「おっしゃ、いっちょやったるでー!」みたいな強い勢いを感じました。
何よりも目を引かれたのが、ティンパニさん。
目で見ても迫力のある演奏で、気が付いたらガン見していました。

13.やさしい風がうたう
チェロ格好良いチェロ格好良いチェロk(以下エンドレス
簡潔に言えば、そんな演奏でした。
結論:チェロ格好良い。

今回の演奏会でこの曲のチェロがどんな音を奏でてくれるのか、開演前からすごく楽しみにしていました。
そして、その期待を裏切られることのない見事な演奏で、非常に満足しました。大満足です。
演奏中、ひたすら「うっわやっばいチェロ格好良い」が脳内を駆け巡っていたような気がします。
それくらい格好良かったです。

15.飛翔
どう転んでも「格好良い!」しか出てきません本当にありがとうございます!!
弦楽器の広がりの感じられる音色も、金管楽器の高らかな響きも、木管楽器の縁の下の力持ち的な刻みも、打楽器の渾身の連打も、どれもとても良かったです。
そして、それらが一体になったときの迫力は、もうたまりませんでした。
爽やかに熱くたぎるような、すごく良い演奏でした。
神曲はやっぱり神曲でしたが、生演奏でさらに磨きがかけられて、もう唯一神でいいんじゃないかなと思いました。

20.最先と最後
ここまでサポート的な立場だったコーラスが、メインに立つ曲。
ゼノギアスの曲の中では1, 2を争うくらい好きな曲で、今回どう演奏されるのか気になっていた曲だったのですが、この曲の生コーラスはとても難しいということをしみじみ実感しました。
ハスキーボイスで広い音域をカバーできる方がいないと、これは厳しいですね。
でも、そんな困難なコーラスを最後までやり切っていた点は、褒め称えたいです。

22.ゼノギアス アレンジヴァージョン CREIDより「LAHAN」
イントロが俺の知っている「LAHAN」と違っていて、最初は「ん? こんな曲だったっけ?」と戸惑いを感じましたが、アレンジと気付いてからはすんなり楽しめました。
ゼノギアスのいくつかの曲を混ぜ込んだイントロになっていて、「これ、ひょっとして、編曲は大澤さんかな?」と思ったら、やっぱりそうでした。
なんだか宝探しみたいなイントロで、面白かったです。

で、イントロ後に「LAHAN」に繋がるのですが、とても楽しい演奏でした。
お祭りムード満載の賑やかな雰囲気に、惜しみない達成感が込められていて、鑑賞しているこちらも思わず顔がほころびました。
途中、観客も手拍子で参加したり、コーラスで参加できるところがあったり。
手拍子は少し難しいリズムでしたが、元の曲を知っていたので、音ゲー感覚で参加しました。
コーラスは、ちょっと参加が難しかったです。場の雰囲気的に。
そして、最後の演奏者さんたちの「いえーい!」なハイタッチに、見ていてほっこり。
企画から練習、今日の本番までの間に、いくつもの困難があって、それを乗り越えた末のハイタッチかと思うと、心が和みました。
本当に、お疲れさまでした。ありがとうございました。楽しかったです。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック