[ゲームRev] 魔女と百騎兵2

PS4のA・RPG「魔女と百騎兵2」を、バッドエンディング(実質、真エンド)までクリアしました。
クリア時点のプレイ時間は、約48時間。
クリア時のLvは53でした。

不条理RPGとして話題になった「魔女と百騎兵」。
その続編が昨年の2017年に発売され、友人が買ったので借りてプレイしました。
ちなみに、前作もPS3版(無印版)をクリアしています。
かなりエグいシナリオでしたが、それがクセになるような作品で、結構面白かった覚えがあります。

前作と本作の繋がりは、ほぼありません。
知っていると最後の最後で「お?」というところはありますが、知らなくても問題ないです。

そんなわけで、前作のような不条理展開を期待してプレイしてみたのですが・・・あんまり不条理じゃなかったです。
不条理さは序盤だけで、話が進むにつれて不条理成分が薄くなってきます。
なんか、期待していたのとちょっと違う感じがしました。

それと、主要登場人物たちへの感情移入が全然できなかったところも、首を捻らざるを得ないところかも。
その筆頭が、アマリエ。
大層立派な発言をぶちかますけれど、自分は実質何もしていない、というキャラでした。
言うだけ言って、最後は「お願い、百騎兵!」で百騎兵(=プレイヤーキャラ)が全て片付けるパターンが多かったです。
途中で成長して出来る子になるのかと思ったら、全くそんなことなかったです。
無能キャラにもほどがあるだろ、とツッコミを入れたくなることもしばしばありました。

魔女チェルカは、前作のメタリカ様的立ち位置のキャラでしたが、メタリカ様に比べると劣化版という印象。
傍若無人さはメタリカ様譲りですが、メタリカ様ほど偉大でも非道でもなかったです。そういう意味で劣化版。
そんなアクの強さがなかったからか、前作序盤のメタリカ様ほど苦手意識を強く感じることはなかったです。
その一方で、ゲーム終盤で印象が好転することもなかったのですが。

むしろ、本体のミルムの方がイラッとすることが多かったです。
アマリエといいミルムといい、もうちょっと頭使えよこの馬鹿姉妹、とプレイしながら思うことが多かったです。

主要キャラの中で唯一の常識人(人じゃないけど)で好感を持てたのは、フニンムギン。
オネエキャラという特徴はあるものの、それ以外はわりとマトモで有能なところもあって、本作の癒しでした。

そんなこんなで、シナリオはイラつく箇所が多くてあまり楽しめなかったです。
無双の可能な戦闘システムでなかったら、途中で投げ出していたかもしれません。

戦闘システムは、前作と似たような感じ。
5種類の武器と3属性の攻撃を使い分けて敵を倒して先に進むあたりは、前作にもあった通り。
ただ、魔撃に関しては攻撃パターンが3種類に分類されるので、前作よりも複雑になっています。

武器の育成については、今回の方がやり込み甲斐があるかもしれません。
Lv99の武器を作るのは、かなりたいへんです。自分はLv80ぐらいで妥協しました。
また、今作では防具も育成できるようになったので、より一層育成の幅が広がっています。

難易度は、第2章あたりで調整できるようになります。
自分はアクションが苦手なので、調整できるようになってすぐに難易度を下げました。
で、難易度を下げたら無双できるようになって、おかげで爽快にプレイできるようになりました。
難易度調整できるようになるまでが一苦労だったので、これがなかったらきっと早々に投げ出していました。
というか、むしろ開始時点で難易度調整できるようにして欲しかったです。

本作のマップは、前作のような固定ではなく、ランダム生成に変更。
ただ、そのバリエーションがあまり多くなくて、似たようなマップが無駄に長く続いていたように感じました。
しかも、舞台の半分以上が森なので、背景もあまり変わり映えがなく。
これなら、前作のような固定マップの方が良かったような気がします。
まぁ、前作は前作で、マップの空白域を埋めるのに苦労しましたが。

と、ここまで不満をツラツラと書き連ねてきましたが、手放しでとても良いと感じたのは音楽でした。
前作もそうでしたが、音楽がすごく格好良いです。
佐藤天平さん、さすがです。とても良い仕事でGJです。
無双できる難易度と、この音楽があったからこそ、最後までプレイできたように思います。

というわけで、前作から改良されてプレイしやすくなった点もあるものの、それ以上に不満点の目立った続編になっていたのは残念に感じました。
特にシナリオとキャラ造形とマップ。「どうしてこうなった・・・」という感が否めません。
百歩譲ってマップは予算の都合上というのなら仕方ないと思えますが、シナリオとキャラ造形はもうちょっと考えてほしかった気がします。
3が制作されるかどうかわかりませんが、本作で改良されたシステムはそのままに、シナリオを前作の方に寄せた感じにしてくれると良いなぁと思います。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック