[GMCD] ガスト25周年記念ベストセレクションCDボックス

ガスト設立25周年を記念して、これまで発売されたゲームのBGMを選抜して収録したCDボックス「ガスト25周年記念ベストセレクションCDボックス」が発売されました。
CDはどーんと10枚組。収録曲数は235曲。
最初から最後まで通して再生すると、およそ11時間30分ほどかかります。
ちまちまと聴き続けて、ようやく3周ほど聴いたので、間奏を記します。

本作に曲が収録されたタイトルは、アトリエシリーズをはじめとした、2017年までに発売されたガスト作品をほぼ網羅。
今回収録を見送られたのは、デビュー作の「アレス王の物語」、「アトリエ クエストボード」、そしてアルトネリコシリーズぐらいです。
それ以外は、最低1曲は収録されています。
個人的には、アルトネリコシリーズが除外されたことはやや納得していないのですが、大人の事情とかそういうことかな。
または、アルトネリコシリーズは抜粋版ではなくOST買って全部聴け、というメッセージでしょうか。

本作のトラックリストは、公式サイトの特設ページにがっつり掲載されているので、そちらをご覧になった方が早いです。

10枚のCDのうち、5枚はアトリエシリーズで、残りの5枚にそれ以外のシリーズ作品の曲が収録されています。
アトリエシリーズが全体の半分を占めていますが、作品数が多い上に知名度も高いから、まぁそうなるよな、という感じです。
不満は、特に感じませんでした。

これまで、アトリエシリーズの作品でOSTを聴いたのは「イリスのアトリエ グランファンタズム」と「黄昏」シリーズ3作品のみ。
そのうちゲームまでプレイしたものは「アーシャのアトリエ」ぐらい(現在進行形で「エスカ&ロジー」プレイ中)というにわかっぷりでした。
が、本作を一通り聴いて、「アトリエシリーズの曲が良い」と評判になるのも肯けました。
それほどに、良曲揃いでした。

「黄昏」シリーズはOSTで何度も聴き込んだくらい馴染み深いので言うに及ばず、「アーランド」シリーズ以降の作品の曲は大体好みでした。
なんというか、こう、旅情感があるというか、じんわり染み込んでくる感じがとても気持ちが良くて。
ふんわりしたグラフィックからは想像できないような漢気溢れる格好良い曲も多いというギャップも、心にグッときます。
早い話が、「アトリエシリーズは良曲揃いだぞ」ということです。

本作を聴いて、「アーランド」シリーズと「不思議」シリーズのOSTを集めたくなりました。
セレクションじゃ物足りなくなって、全曲聴きたくなっています。
先立つものさえ準備できていたら、衝動買いをしていたかもしれません。
あ、でも、今ならAmazonの定額聴き放題サービスで全部聴けるんだっけ。それを利用するのもアリか。

アトリエシリーズ以外の5枚も、良曲が多いです。
個人的には、「よるのないくに」とサージュコンチェルトが、やはりド直球で好みでした。
前者は耽美なゴシック調、後者は民族音楽強めの歌曲多めと、毛色は異なるのですが、どちらも好きです。
「よるのないくに」はOST単品での発売がなかったので、これを機会にOST発売されるといいなぁ、と淡く期待しています。

サージュコンチェルトは、「あ、そこをチョイスしたのね」と意外に思ったところもあったのですが、落ち着くところに落ち着いた感じがします。
「シェルノサージュ」の「天涯星夜」や「アルノサージュ」のバトル曲など、今回惜しくも選抜から漏れてしまった良曲がたくさんあるので、これを機に聴いてみてほしいです。
サージュコンチェルトの曲は、どれもとても良いのでぜひぜひ。

今回、ガストショップで購入したので、特典CDが1枚付いてきました。
内容は、アトリエシリーズのアレンジ楽曲やFM音源版、そして未発表曲が1曲の全14曲収録。
本当にちょっとしたおまけという感じで、まさにコレクターズアイテムです。
無理にゲットしなくても良いと思います。
ただ、FM音源版は「あれがこうなるのか」と興味深くもありました。

本作はCD10枚組という大ボリュームのため価格もそれなりにするので、ガスト作品のBGMに興味があるけれどどこから手を付ければ良いかわからない、という方にはオススメです。
アトリエシリーズだけでなく、ガストの古今東西が、このBOXにぎゅっと詰まっています。
「ガスト作品の曲ってどんな感じ?」というときには、これで概ねの雰囲気はわかるのではないかと思います。
自分はそれほど濃いガストファンではないので、知らない曲の方が多かったのですが、このBOXでOSTをしっかり聴いてみたくなりました。
機会があれば、「アーランド」シリーズと「不思議」シリーズのOSTはちゃんと聴いてみたいです。
とりあえず、このBOXをまだ3周ぐらいしか聴き込んでいないので、もうちょっとしっかり聴き込もうと思います。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック