[GMCD] テイルズ オブ ベルセリア オリジナルサウンドトラック

PS4で発売されたRPG「テイルズ オブ ベルセリア」(以下TOB)のOSTを購入したので、一通り聴いてみました。
CD4枚組で、収録曲数は計97曲。再生時間は、トータルで4時間25分ほどになります。

TOBのゲーム自体は、昨年2017年1月頃にプレイしてクリア済みです。
プレイしていた時から漠然と「BGM良いな、OST欲しい」と思いつつも、なかなか決心がつかないまま1年ほど経過。
1年経ってもOST欲しい熱が冷めなかったので、潔くOSTをゲットしました。

それと、「テイルズ オブ オーケストラ」の2016年版、2017年版も、今回OST購入を後押しした一因かもしれません。
そこで聴いた「Theme of Velvet」がとてもドラマティックな演奏で、初めて聴いたときはまだゲーム未プレイだったのですが、一発で気に入った曲です。
あと、2016年版にしか収録されていないけれど「The way of the embodied dragon」もすごく好みで、原曲をしっかり聴いてみたくなりました。
こっちは実はゲームでちゃんと聴いた記憶がなくて、改めて原曲をちゃんと聴きたくなった次第です。

そんなわけで、重い腰を上げてようやく入手したOSTでしたが、聴いてみたら想像以上に良曲揃いでした。
TOBプレイ中にBGMを気に入って買ったくせに、TOBの曲ってこんなに良曲揃いだったっけ? と思ったほど。
BGMに徹したような”雰囲気音楽”ではなく、自己主張のある曲も多くて、結構聴きやすいです。

フィールド曲やイベント曲はオーケストラ調が多くて、バトル曲はロックテイストが多い気がしました。
そのため、オーケストラなゲーム音楽好きにとっても、ロックなゲーム音楽好きにとっても、どちらも楽しめる造りになっています。
曲数で言えばオケっぽい曲の方が多いけれど、ロック系の曲はかなり強いインパクトがあるので、印象としてはどちらも半々に残る感じです。

ロックテイストの曲は、バリバリに格好良いロックで、いわゆる桜庭節です。
初期テイルズのバトル曲に雰囲気が近い感じがしました。
初期の頃に比べると音は豊かになっているけれど、曲を聴いているだけで心が沸くような熱くなれる展開が、なんとなくそんな感じというか。
これは、ライブで生演奏したら盛り上がりそうだなぁ。

その一方で、オケっぽい曲の方は、とてもメロディアスでドラマティックです。
ロックな曲のような最初からガツンと来るものではないけれど、曲を聴いていくとジワジワと心に来るものが多いです。
個人的には、「トラスティベル」の曲の雰囲気に近いと感じました。
きっと、トラステの曲が好きな方ならば、気に入るのではないかと。
自分はとても好きです。ド直球で好みです。特に「Theme of Velvet」が最高でした。

そして、ロックな曲もオケな曲も、3分以上あるような長尺の曲は、大体どれも格好良いです。
ゲームプレイ時は1回しか流れなかったり、バトル中でそれどころではなかったりで、スルーしてしまっていた曲もあるのですが、OSTで改めて聴き直して「なにこれ格好良い」と再評価した曲がとても多いです。
ゲームプレイ時はあまり記憶に残らなくて、どこで流れていたBGMか忘れてしまっているのですが、OSTで聴いて一番ツボったのは「Justice of the Knight」です。
この曲、格好良くないですか? 重厚なオケ系ゲーム音楽好きにはたまりませんでした。

TOBのOSTについて1点だけ注意点をあげるなら、OP曲がゲームサイズのショート版なこと。
「BURN」はフルサイズではありません。フルサイズで聴きたい場合は、別途購入が必要です。

そんなわけで、TOBのゲームをプレイしてしばらく経過してからのOSTゲットでしたが、思いの外曲が良くて、とても楽しめたアルバムでした。
ロックとオケの両面で桜庭節が楽しめる作品になっています。
OSTという性質上、ゲームプレイしてから聴いた方が良いとは思いますが、桜庭節が好きな方ならばOST単体でもいけるかもしれません。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック