[GMCD] ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ Original Soundtrack

iOS/Android用ゲームとして配信されている「ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ」のOSTをゲットして、一通り聴いてみました。
全42曲収録で、再生時間はトータルで約80分。

ちなみに、ミリメモのゲーム自体は未プレイです。
WAシリーズのAF, 2, 3はプレイしましたが、ミリメモはイマイチやりたい欲求が湧かないまま、現在に至っています。
が、なるけみちこさんが久しぶりにWAシリーズに帰ってこられたというので、OSTはゲットした次第です。

収録楽曲のうち、なるけさんの曲は大体半分ほど。
残りの半分は、他の方が作曲されています。

曲の印象は、良くも悪くもゲームのBGMだなぁ、というのが正直なところ。
一曲一曲しっかりじっくり聴くと「あ、これ良いかも」と感じた曲は結構ありました。
ただ、どの曲も主張が強くないので、BGMとしては正しいものの、すーっと流れ去ってしまって後に残りにくい感じがしました。
10回ぐらい繰り返し聴いてもなかなか自分の中に落ちてこなくて、感想らしい感想が出てこない。
別に耳障りではないし、むしろ耳当たりは良い方なのですが、耳から耳へ抜けていってしまう。
それくらい、自分にとっては印象の薄いOSTでした。

このあたりの印象は、ゲーム未プレイだからこそかもしれません。
ゲームプレイ済みならば、また印象が違ってくるかも。

曲の雰囲気は、WAっぽいようなそうでもないような。
なるけさんの曲はキャラバンっぽさがあって、「あぁ、これぞ”なるけ節”だ」と比較的分かりやすいのですが。
他の作曲家の方の曲は、WAっぽいかというと、そうでもないような気がしました。

とはいえ、WAらしさから離れてきちんと聴くと、曲自体は悪くないです。
「未来を拓く戦火」や「突破口」、「フルバースト」、「死闘」は、特に自分の好みの曲でした。
「深きものの王」も熱い曲で、とてもたぎります。
「暗闇を越えて」の重厚なサウンドも好みです。ドコドコしてるティンパニー(かな?)がすこぶる格好良いです。
・・・・・・おや、自分好みの曲、思っていた以上に多いな。

WAらしさならば、「ファルガイアの風」と「預けた背中」あたりがとてもそれっぽいです。
遠く響く笛の音と、アコギと打楽器の軽快なリズム、ほんのり哀愁を漂わせつつ、荒野を駆け行く渡り鳥たちの姿が見えるような曲です。
なるけさんの曲ではありませんが「ブルーキャラバン」もWAっぽさを感じました。

「冒険への誘い」のような、牧歌的な曲も好きです。
なんかこう、のどかさから心穏やかになれる曲で、聴いているとほっこりします。

一つ要望をあげるならば、「荒野の果てへ」が欲しかったです。
WAと言えばこれ、と言えるほどの名曲ですが、今回のOSTには入っていませんでした。
ミリメモ自体にまだ未実装なのでしょうか。だとしたら、少々残念です。

というわけで、本作は印象に残りにくいところが難点だけど、じっくり聴けば良曲の多いOSTでした。
ミリメモをプレイして「この曲良いなぁ」というものがあったら、このOSTを買ってみると良いかもしれません。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック