[ゲームRev] NG

心霊ホラーADV「NG」のVita版をグッドエンドまでクリアしました。
プレイ時間は、どれくらいだろう・・・15~20時間くらいでしょうか?
極力自力でプレイし、どうしても詰まったら攻略サイトに頼る、ぐらいのペースでプレイしました。

エクスペリエンスの放つ心霊ホラーADVの第2弾である本作。
先日、第1弾の「死印」に軽い気持ちで手を出したら、あっという間に頭から沼へダイブインしてしまった流れで、気が付いたら第2弾の「NG」もゲットしていました。
「NG」で八敷さん(「死印」主人公のデフォルトネーム)のその後について触れられている、なんて情報を目にしたら、居てもたってもいられませんでした。

ちなみに、八敷さん他の死印組は、姿こそ見せませんでしたが、会話などに活躍を匂わせる内容がちらほら。
「死印」をプレイしているとニヤリとできる感じです。

物語は、「死印」とは別物です。
ほぼ独立した話なので「NG」から始めても問題ないですが、ほんのり「死印」のネタバレがあるような気もするので、気になるなら「死印」から始めた方が無難かも。

心霊ホラーということで、ストーリーは全体的におどろおどろしいです。
前作は純粋に噂話や都市伝説絡みでしたが、今回はそこにおとぎ話的な要素が付与されています。
誰もが知るおとぎ話のダークサイドを都市伝説に仕立て上げたような、そんな話がベースになっています。

怖さのレベルで言えば、「NG」はそれほど怖くなかったです。「死印」の方が怖いのではないかと思います。
「NG」の物語の舞台が主に公園や住宅街、高層ビルなど、近代的で人の多い場所だったからでしょうか。
廃墟や樹海が主な舞台だった「死印」ほど陰鬱なジメッとした雰囲気はなく、あっさりさっぱりしていた印象が残りました。
とはいえ、身近な場所の方が恐怖感が増すという方もいるので、この辺は個々の感覚や経験によるかも。

本作では恐怖演出の程度を3段階で設定できる機能があり、ずっと最高段階の恐怖モードでプレイしていましたが、それでも怖くなかったです。
ビビらせる演出で驚くことが1, 2回ありましたが、それくらい。
もっとも、ホラー鳴れしまくっている自分の言うことなので、あまりアテになりませんが。

緊張感も、「死印」の方が強かった気がします。
「死印」は理不尽な死に対する主人公の恐怖感と焦燥感が強かったけれど、「NG」はそのへんが薄味。
連れ去られた妹を救うという目的があったからか、「なんとかしないと・・・」という後ろ向きさよりも「なんとかしてやるっ!」という前向きさを強く感じました。
こう書くと、なんだかホラーゲームの主人公というより、RPGの主人公みたいだな。

登場人物は、今回も個性が強いです。
どの登場人物もアウトロ―で、どちらかと言わずとも闇側の住人。
また、前作よりも登場人物が絞られている分、キャラの深掘りが強化されています。

とはいえ、ややアウトロー過ぎて逆に現実味が失われていたような気もします。
ファンタジーに寄り過ぎて、「いやいや、現実にはないわー」と感じることが多かったです。
もうちょっと地に足の着いたキャラ造形の方が良かったなぁ、と思わなくもないです。
あと、アウトロー故に命が惜しくないという空気感があって、それも怖さが弱かった要因かもしれません。

謎解きについては、前作よりもヒントが多くて助かりました。
そのためか、概ね自力で解決できました。
前作よりは理不尽な謎解きが少なかったです。
まぁ、ほぼノーヒントで危機的状況になって、何度もゲームオーバーを繰り返しながら試行錯誤しても解決手順が見つからず、諦めて攻略サイト見て「あー、そういうことか・・・わからねーよ!(バシッ」という箇所が多少ありましたが。そこはそれ。

心霊ホラーADVの第2弾ということもあり、システム面は前作を概ね踏襲。
探索パートがあるところも、そのままです。
「デッドリーチョイス」が「クライシスチョイス」に名前が変わっていても、機能は同じだったり。
前作をプレイしていると、操作面で困ることはあまりないと思います。
ちょっと手こずったのは、探索パートの移動に向きの要素がなくなったあたりでしょうか。

そういえば、「NG」のUIは、全体的にポップな感じに変わっています。
見やすくなりましたが、それも恐怖感が薄れた要因かも。
ただ、発言者の名前が表示されるようになって、今の台詞が誰のものか分かりやすくなっていたのはGJです。

というわけで。
システム面はプレイしやすく改善されていたものの、シナリオ面では個人的にやや不満の残った本作。
もうちょっとこう、ジメッとした恐怖感のある物語が欲しかったなぁと思いました。
「死印」の追加エピにも出てきた「百鬼夜行」が「NG」にも出てきたところからすると、次回作の構想があるのでしょうか。
ぜひいつか、死印組とNG組の共闘を見てみたいです。前衛の鬼島と後衛の八敷さんって、バランス良いと思うのですよ。

もっとぶっちゃけて言えば、八敷さんの活躍が見たいです(超真剣
シリアスが理想だけど、いっそボケ倒しコメディでもほのぼのドタバタ劇でも良いので、俺に八敷さん成分をくださいマジお願いします。八敷さんのクールな天然ボケに癒されたい。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック