[GMCD] ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス オリジナル・サウンドトラック

3DSで発売されたダンジョンRPG「ペルソナQ2」(以下、PQ2)のOSTを一通り聴きました。
CD3枚組で、計94曲収録。
再生時間は、トータルで3時間40分ほどです。

ちなみに、ゲームは先日クリアしました。
OSTは予約して発売日に購入していたのですが、せっかくだからゲームクリアしてから聴こうと考えた結果、今に至っています。

ゲームプレイ中にも感じましたが、曲は大体どれも、いつものペルソナシリーズのクオリティです。
耳当たりの良さ、ノリやテンポの良さは、「あ、これこれ、ペルソナシリーズだよこれ」と思わせるのに十分な威力を発揮しています。
P3以降のペルソナシリーズの曲が好きな方なら、すんなりハマれると思います。

ペルソナシリーズではもはやお馴染みですが、ボーカル曲が多めなところも違和感なく受け入れられます。
ボーカルが良い感じに曲と融合していて、ボーカルだけが目立つことも、逆に埋もれることもないあたりは、さすがのアトラス。

また、本作ではP3・P4・P5のメインボーカリストが揃い踏みところも、注目すべき点かもしれません。
特に面白かったのは、ロビーの曲(「Cinematic Tale」)。
ゲームの進行に合わせて参加ボーカリストが増えている点に、OSTを聴いて初めて気付きました。
あまりに自然に加わっていて、ゲームプレイ中は全然わかりませんでした。気付いたときは軽く感動しました。

ただ、PQ2のゲーム自体がP5を主軸にしていたからか、音楽も全体的にP5に寄せたような雰囲気になっています。
なんとなーくですが、ムーディーなジャズっぽいというか。
P3のようなテクノさでもなく、P4のようなポップさでもない、そこはかとなく大人な雰囲気を感じました。
とはいっても、本当になんとなく薄くそう感じる程度です。

P3, P4, P5の曲のアレンジも、3作品合わせて十数曲ほど収録されています。
若干P5が多めなのは、ゲームの性質上致し方なしでしょうか。
アレンジ収録と言えば、女神異聞録ペルソナの「ペルソナ」のアレンジも、ほんの短い尺ですが入っています。
まさかそこから持ってくるとは思わなかったので、ゲームで聴いたときもOSTで聴いたときも「なん・・・だと・・・」と驚愕しました。
また、1と2も忘れられてなかったことが感じられて、嬉しくもありました。
いいぞ、もっとやってくれ頼む(必死

OSTには、作中のイベントで流れるミュージカル曲もしっかり収録されています。
ゲーム未プレイだと若干ネタバレになるかもしれない曲です。
まぁ、正直、歌詞が胸糞悪いので、1回しか聴いていないのですが。

そういえば、ミュージカルの歌曲って、概ねああいう台詞にメロディが付いたような感じなのでしょうか?
ミュージカルにはとんと疎く、原作好きが高じて観劇した某2.5ミュ作品しか知らなくて、その時「ミュージカルの歌曲って台詞調なのか」とカルチャーショックを受けた覚えがあります。
他のミュージカルを知らなかったので2.5ミュの歌曲だけが特殊なのかと思っていたところ、PQ2のミュージカル歌曲も似たような感じだったので、「あ、ミュージカルの歌曲ってこういうものなのか」という認識に変わりつつあります。
ゲーム音楽ばかり聴いて育ったから、チップチューンからロックにテクノ、オケや民族音楽などなど様々なものを聴いてきたと思っていたのですが、こういう表現手法もあるのかと目からウロコ、とても新鮮な気分になりました。はー、世界は広いな。

本作の楽曲の中で個人的なイチオシ曲は「Nothing is Promised」。
熱くて格好良くて、とにかくとても滾る曲です。
ロータス兄貴のラップが超絶格好良いです。めちゃくちゃ格好良いです。
これ、生で聴いてみたいなぁ。スタンディングのライブが苦手で避けてるうちは難しいだろうけれど。

そんなわけで。
PQ2のOSTも良曲揃いで、安定のペルソナクオリティでした。
一部ミュージカル調の変化球もありますが、P3以降の曲が好きな方なら、ゲームプレイ済みでも未プレイでもオススメです。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック