[ゲームRev] ペルソナ3

や、やっと終わった、クリアした。。。_○□=

総プレイ時間は、ラストバトル直前の最終セーブで142時間だったので、
エンディング含めて143時間ぐらいだろうか。
ペルソナ1ほどではないけれど、アホみたいに時間かかりました。
時間かかった原因は、最初の頃、2日に一回タルタロス潜ってたからだと思われ。
# 1タルタロス = 約1時間。


最終レベルは主人公がMAXの99、他のメンバーも90以上。
なので、ラストバトルは楽勝でした。
ラスボスのダイン系魔法でも100以上当たらないし。
1月4日頃から深層モナド(強敵揃いの隠しダンジョン)に篭っていりゃ、
そりゃイヤでも上がります。

とはいえ、最終形態のラスボスは、
サタンとルシファーのミックスレイド「ハルマゲドン」で仕留めましたが(ぁ
最終形態戦、フツーに戦うと面倒くさそうだったので。
# ←基本的にバトルに楽しみを見出さない人


ストーリーは、結構おもしろかったです。
予想通り、痛い話が盛り沢山で。
学園もの特有の痛さもあり、そうでない痛さもあり。
11月頃からバックグラウンドがはっきりしてくるんだけど、
そこからのストーリー展開がいい感じでした。

ストーリーとは直接関係ないけれど、1月以降もわりと好きです。
1月になると最後の敵がはっきり定まって、
1月31日以外はストーリー上何か大きなことがあるというわけでもなく、
ひたすら鍛錬するしかやることないんだけど、
荒廃していく街の雰囲気の生々しさがすごいなぁ、と。
これまでゲームで語られていた「滅び」というと、
何か災厄が降りかかって一気に滅ぶというものが多いと思うけど、
このゲームでは緩やかに、でも確実に、「滅び」に侵食されて崩壊していく、
その過程が紡ぎ出す寂しさが妙にリアルというか。
BGMによる効果も大きいけれど、それだけじゃないような気もする。


BGMといえば、音楽も素晴らしく良いです。
これまでのペルソナシリーズは、音楽にさほど期待していなかったけれど、
今作はすごくいい。
どの曲もゲームの雰囲気とよく合ってる。
さっきも書いたけど、特に1月以降の各所で流れるBGMが素晴らしい。
街とか学校とかで流れるBGM聴こえてくるだけで、
何かぐっとくるものを感じる。


そーいや、ゲームやってて常々疑問だったのだが、
主人公たちが通ってる学校、
いろんな意味で大丈夫なんだろうか。。。
戦国時代しか教えない日本史教師とか、
修学旅行は京都しか認めない古文教師とか、
滅びを確率論で語る数学教師とか、
魔術を大真面目に語る保健体育教師とか、
電波な教師しかいねーっていうアレな状態なわけで。
これで進学とか、よほど自分で努力しないとムリだと思うんだが。。。w


まぁ、そんなこんなで。
さほど期待せずに購入した割には、かなり楽しめました。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック