[ゲームRev] 逆転裁判4

木曜日にAmazonから届いて、日曜日にクリアしました。
プレイ時間は、約30時間。
・・・・・・あれ、もっと長時間プレイした気がする。意外と短かったなぁ。

これまでのシリーズ作品以上に各章の結び付きが強く、
最終章まで進むとかなり壮大な物語になってます。
第1章から伏線がかなり多くて、
全て最終章に向けて収束していく展開。
その収束っぷりは1や3以上でした。
なので、
第1章からすでに、迂闊に触れるとネタバレになりかねないストーリーで、
ここでは深く語りません。ていうか語れません。

各章のボリュームは、それほど多くはなかったような。
1以上2以下ぐらいか。

新システム「みぬく」は、
使える証言が限られているので、使いどころに迷うことはあまりないかと。
間違えてもペナルティがないから、いくらでも使える安心設計だし。
ただ、当たり判定エリアが結構シビアなので、
ちゃんとポイント全体を指定しないと外す結果になるかと。
それで2ヶ所ほど、30分以上悩み続けたのがここに一人(ぁ


今回新たに主人公となったオドロキくんは、
なんだか結局影が薄かった気がする。
1のときの成歩堂ほどのインパクトはなかったような。

新ヒロインのみぬきちゃんは、結構良い感じだったかも。
まぁ、みぬきちゃんが、というよりは、ボウシくんがお気に入りだったんだけど。
あのガシャコンと出てくるところがいい。

牙琉検事はこれまでのシリーズにはない検事キャラで、なかなか好感持てました。
1の頃の御剣系キャラを想像していたのだけど、そういうわけでもなく。

まぁでも、今作はなんといっても成歩堂だろうなぁ。
1~3で主人公をやった貫禄を示し、4の全てをかっさらっていった感じ。
成歩堂があんな設定で登場するって判明した時点で、
4は成歩堂の話が軸になるのは目に見えていたけれど。
それにしたって、オイシイところ持っていき過ぎだろうw


次回作が出るとしたら、やっぱりこのメンバーで出るのだろうか。
気になるのは、今作で大暴れした成歩堂の立ち位置と、
今回出てこなかった1~3のメインキャラたち。
ていうか、個人的には御剣が気になって仕方ないんですけど。
御剣人気はすごいからなぁ。あまりの人気に2での出演がねじ込まれたくらいだし。
巧氏のところに「なんで御剣出てないんですか?」ていう
問い合わせメールが殺到してそうな予感。。。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック