[ゲームRev] ファミコン探偵倶楽部II うしろに立つ少女

ファミコンミニ版を友人から借りてプレイしました。
最初から攻略記事を見ながらのプレイだったので、プレイ時間は5時間ほど。
攻略記事がなかったら、多分途中で挫折してるんじゃないかと。
1以上に選択肢が多い気がするし、
3Dダンジョン風の探索クエもあるし、
40人の卒業写真の中から目的の人物を1人当てるっていうのもあるし、
SFC後期以降のゲームに慣れてしまった身としては
攻略記事なかったらクリアなんてとてもとても。。。

そんなヒントの無さが、逆にいかにもFC・ディスクシステム時代だなぁ、
なんて懐かしむ余裕があったとかなかったとか(どっちだ


貸してくれた友人から「ラストがトラウマゲー」と聞いていたが、
確かにトラウマになるかも、演出が。
犯人とか人間関係とか、諸々の謎は早い段階でわかったし、
終盤の展開もほぼ予想通りだった。
ラストも「そろそろ真犯人が豹変するところか」と目星はついていたのに、
その瞬間の演出に一瞬ビクッとしてしまった。なんとなく敗北感。。。orz
色数の少ないドット絵っていうのが、また怖さを倍化させているような。
PS以降の画質だったら、きっとこんなに怖くないんじゃないかと思う。
ラストだけ切り出したら、ホラーゲームだよなぁ、これ。
1もそうだったけど。


そういえば、冒頭で主人公が追われていたのは、
1のアレが原因なんですかね。
結局2の中では語られなかったけれど。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック