[ゲームRev] テイルズ オブ ファンダム Vol.2

「テイルズ オブ ファンダム Vol.2」(以下TOF2)クリア・・・・・・クリア?

総プレイ時間は15時間。
だけど、アドベンチャーパートのみのプレイなら10時間足らずじゃないかと。

TOF2は、これまでの「テイルズ オブ」シリーズの中から、
「テイルズ オブ ファンタジア」(以下TOP)と、
「テイルズ オブ シンフォニア」(以下TOS)と、
「テイルズ オブ ジ アビス」(以下TOA)の
メインキャラクターを共演させた番外編的な作品。
時間的・ストーリー的には各作品のラスト付近という設定なので、
各作品のネタバレのオンパレードになってます。
しかも、ストーリーが3作品全てプレイ済みでないと理解できない作り。
ビギナーお断りのファンディスクに徹した点には、潔さすら感じました。

そんなわけで、「TOAしかやったことない」という人にはあまり向きません。


アドベンチャーパートは、全部で5編。
TOP「アーチェ編」、TOS「クラトス編」、TOA「ティア編」と「ジェイド編」。
この4編は最初からプレイ可能で、
全てプレイすると最後に「異聞録」が出現する仕組み。
ちなみに、大筋のストーリーはどれも1本道。
途中の選択肢は、選択次第で称号を得ることができる
って以外に特に何もなかったような。

プレイ中、ふと感じたのは、
「『悠久幻想曲』っぽいなぁ」
でした。
キャラ絵の使い方とか、なんとなくそれっぽい雰囲気が。

ただ、TOP、TOS、TOAと藤島康介さんキャラデザで固めたので、
キャラクター絵の親和性は良い。
異なる作品のキャラクターが並んでいても、さほど違和感はなかった。
「レディアントマイソロジー」もよくまとめたなぁ、と感じたけど、
これを見るとやっぱり、「レディアント」の方は多少違和感あったかなぁ、とも思う。

ストーリーは、各作品の思い入れによって好みが分かれるんじゃないかと。
俺は個人的にTOA(というかジェイド)に思いっきりハマったクチなので、
「ジェイド編」は結構楽しめました。雪国幼馴染サイコー。
TOSのクラトスやゼロス好きなら「クラトス編」も結構イケるんじゃないかと。
ゼロスの腹黒さが妙に印象的。


ミニゲームは、ほとんどやってません。
やり尽くしたのは「ドンジャラ」ぐらい。

・タイミングバトル
ルークとガイしかやってないです。2つプレイした時点で飽きちゃった(ぁ

・スナイパー
初級しかやってないけど、途中で親指つりました。
上級はおろか、中級すらクリアできる気がしない。
こーゆーのこそWii向きだよなぁ。

・ドンジャラ
懐かしさのあまり、これだけで4時間ぐらいはやったと思う。
とりあえず全キャラ1位は達成。
ティアでプレイ中に、偶然いろいろな役を付けて上がってしまい、
それまで4位だったのを一気に逆転したあげく、
他3人を一気にリタイアに追い込んだのは爽快でした。さすがティア。
あと、ピオニーの特殊技「皇帝勅命」は使い方次第で最凶。
コレットの「手牌入れ替え」やユアンの「ロン封印」よりも恐ろしい。
「皇帝勅命」使うと、簡単に2ラウンドで終わらせることができそう。

・ブラックジャック
対ジェイドだけ30分ぐらいプレイ。
単に子安ボイスが聞きたかっただけだったり。

・その他
やってない。


全体的に一言で言い表すと「良くも悪くもファンディスク」。
欲を言うなら、アドベンチャーパートをもっと作りこんで欲しかったなぁ、と思う。
選択肢があまり意味を為してないのが残念というか。

Vol.3が出るなら、次はいのまたキャラが集結するんですかね。
そうなると「レジェンディア」はどーなるという問題が。。。(ぁ

ちなみに個人的に、もしTOF2に「デスティニー」が加わっていたら、
PS2版「デスティニー」のディレクターズカット版で加わるという
リオンのオリジナルストーリーが採用されていたんじゃなかろうか
と邪推していたり。
TOF2からTODが外れたから、新たに追加しようって動きになったんじゃないかなぁ。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック