[ゲームRev] すばらしきこのせかい

DSのA・RPG「すばらしきこのせかい」クリア。

総プレイ時間は、タイムカウンタがなかったので正確なところは不明。
結構かかってると思われ。50時間は超えてるんじゃなかろうか。
クリア時のレベルは99。ビイト編の3日目ぐらいでカンストしました。

売上的にはぱっとしなかった作品だけど、おもしろかったです。
ストーリーは結構ダーク。
全体的に主人公ネクの成長物語なんだけど、
シナリオは落として落として上げて落として、の繰り返し。
EDでようやく救われたかな、みたいな展開でした。
ラスト付近は、どことなくペルソナ3っぽかった気も。

システムは、思っていた以上にやりこみ要素が多かったです。
バトルの鍵を握るバッジの種類がかなり多い。
250以上はあるのかな。結局半分も手に入らなかったけれど。
バッジを成長させないと手に入らないバッジもあって、結構たいへんでした。

バッジを成長させるために必要な「ポイント」が
 ・バトルで稼ぐ
 ・電源切ってる間に溜まる
 ・すれ違い通信で溜める
の3種類あって、このポイントの溜め方でバッジが成長したりしなかったり。
電源切ってる間もポイントが溜まるというのは、
社会人には結構ありがたいシステムだったけれど、
3種類のポイントを効率よく溜めるためにはプレイできない時間も必要で、
一気にできないっていう弊害が気になりました。

バトルはひたすらアクション。
タッチパネルとボタンで2画面両方操作するのが通常のシステムだけど、
アクション下手にそんな器用な真似はできないので、
上画面は終始オートプレイでした。
なので、ひたすらタッチペンでごりごり操作。
後半になると敵も強くなって1バトルに時間がかかるようになり、
その間ずっと手首を動かしているもんだから、
ものすごく右手首が痛いです。。。連続600ヒットってどうやって叩き出したんだ俺。
とはいえ難易度設定もできるので、
アクション苦手な人でもなんとかなるかと。
ちなみに、俺は基本ノーマル。ラスボス戦だけイージーでした。

BGMもわりと良作揃い。全体的にテクノ?
スクエニ作品としては珍しく、ボーカル入りが多かったです。
テンション高めの曲ばかりなのは、舞台が渋谷だからかな。

野村さんのイラストに食傷気味で手を出していないという方でも、
プレイしても悪くはないと思うです。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック