[ゲームRev] ルクス・ペイン

DSのADV「ルクス・ペイン」クリア。
プレイ時間は、1周目は通常エンドで19時間。2周目でグッドエンドで11時間。計30時間。
最初からグッドエンド狙いでプレイすれば、20時間ぐらいで終わると思う。
マルチストーリーというほど話の流れに分岐があるわけではなく、
グッドエンド以外の終わり方は途中でぶった切られるような形なので、
正直グッドエンドだけ見ればいいとも言えるかと。


これの前にPS2でプレイしていたADVの影響か、ここ数日ものすごくADVに飢えていて、
しかしGWに終わらせられるくらいのボリュームというと1本ぐらいだろうな、ということで、
同時期に発売された「タイム・ホロウ」と迷ったんだけど、
結局「ルクス・ペイン」を選びました。
理由は、コンポーザとしてイトケンさんが参加されていることと、
「タイム・ホロウ」より知名度が低かったことと、
こっちの方がストーリーが痛そうだったから(ぁ

プレイし終わった今となって感じることは、
確かに痛いといえば痛かったです。
ストーリーが、というよりは、登場人物の一部が。
やっていけるのかこの街、とプレイしてるこっちが不安になるくらい、
電波な人が多い気がする。特におっさん層に。


箱の後に書かれているジャンル名に
「伝奇ジュブナイル・アクティブADV」と書かれているだけあって、
舞台の半分は学園。登場人物の半分は学生。
クラスメイトとの会話は、ジュブナイル系によくある甘酸っぱい感じのが多くて、
そういう雰囲気が好きな人にはたまらないかもしれない。


システムは、基本的にテキストを読み進めていくタイプだけれど、
「アクティブADV」というジャンルの通り、多少のアクションをこなさなければならない。
慣れればそんなに難しくはないけれど、
慣れるまで何回も心を削り過ぎてゲームオーバーになったりして、ちょっと苦労しました。
レクチャー的なものはほとんどないので、プレイ前に取説は読んでおいた方がいいかも。
# ←取説読まずにプレイして、セーブの仕方がしばらくわからなかった人


続編も作ろうと思えば作れるような終わり方になっていたので、
人気が出れば作るのかなぁ、と邪推してみたり。
ただ続編作るのであれば、メッセージスキップ、既読スキップ、イベントスキップは
必ず入れて欲しいところ。
周回プレイを前提にしていなければ必要ないかもしれないけれど、
今回1周目でグッドエンドにたどり着かなかったので周回プレイすることにしたけれど、
メッセージスキップがなくて途中で挫折しそうになったことが何度もありました。
別にこの作品に限った話ではないけれど、
周回プレイ前提のADVなら最低でもメッセージスキップとイベントスキップは必須かと。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック