[ドラマCD] トラスティベル~ショパンの夢~ ドラマCD

Xbox360/PS3のRPG「トラスティベル~ショパンの夢~」が、まさかのドラマCD化。
この話に一番驚いたのは、きっとTBファンだと思われ。自分も心底驚いた。

この話を初めて聞いたとき、嬉しいよりも先に「いまさら?」と思いました。
ゲームがXbox360で発売されてからもうすぐ2年。
某密林や販売元のランティスにページができても、某ゲーム系CD発売日リストに掲載されても、ずっと「実は壮大に騙されてるんじゃないか・・・」って半信半疑でした。

まぁ、そのわりには、発売決定の話を知ったときには光の速さで予約しましたけれど。

そんな半信半疑な生活を送りつつ2ヶ月経過。
発売日の5/27は会社休もうかと半ば本気で考えつつも、なんだかんだで無事にゲットしました。

で、今のところ5回ぐらい聴きました。
それでもまだ聞き足りない気がするとか、どんだけ飢えてるんだろう。

ドラマCDの内容は、最終章を除いたゲーム本編を解体・再構築したような感じ。
ゲーム本編のサイドストーリー的な話ではなく、パラレルな話に仕上がってます。
時間軸としては、第二章開始直後を前提に作られているっぽいです。

話の的を鉱封薬に絞っているからか、結構キレイにまとまっていたと思います。
オーソドックスと言えばその通りなんだけど、そもそもゲーム本編がベタな展開(最終章除く)なので、ストーリー展開の妙は期待していませんでしたし。
相変わらず、アレグレットがあんまり主人公っぽくなかったですが、それもまたゲームから引き継がれたものなんでしょうか?w

登場キャラは、想像していたより多かった気がします。
メインのポルカ、アレグレット、ビート、ショパンはもちろん、他にサルサ、マーチ、ビオラ。
フォルテ側からはワルツ、フーガ、ロンドが参戦。
いないのは、アンダンティーノトリオとバロック王家とフォルテのおっさんたちぐらいだろうか。

この中で今回一番活躍したのは、おそらくフーガかと。
PS3版の特典DVDで株を上げたフーガが、さらにおいしいところを攫っていきましたw
中盤の主役は、間違いなくフーガでしょう。トラック5は彼の独壇場になってます。
フーガ好きにはたまらないかも。いろんな意味でいいキャラだ、フーガ。

そんなこと言っておいて、自分はダントツでショパン好きなんですが。
ショパンの声、大好きなんですよね。初っ端の第一声から既にわーわー悶えてました。
ゲーム以上にポルカ第一主義っぽいですが、そんなところも彼らしい。
欲を言えば、もう少しショパンの台詞が欲しかったです。
もっと喋れよショパン。真の主役はお前じゃないかw


それにしても。
この時期でのドラマCD発売は、来年のための布石なんでしょうかね。
せっかく来年はショパン生誕200年の記念年なので、TBでも何かやって欲しいのですが。完全版とか、オケコンとか、設定集発売とか。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック