[GMEV] PRESS START 2009

ファミ通主催のゲーム音楽オーケストラコンサート「PRESS START 2009」の昼の部に行ってきました。
会場は、池袋の東京芸術劇場大ホール。
俺の席は、3階の隅っこでした。

PRESS STARTの存在は第一回のときから知っていたのですが、これといって聴きたい曲がなかったため、これまで参加していませんでした。
今年は、P4、かまいたちの夜、幻想水滸伝、大神と、名曲と謳われるタイトルがずらっと並んでいたので、初参加を決意。決め手はP4――ではなく、実はかまいたちの夜でした。
P4はライブコンサート開催できるくらいメジャーだけど、かまいたちの夜の曲はこういう機会でもないと生で聴けないので。

コンポーザやゲームメーカーの垣根を越えたこのコンサート。
いろんな曲が聴けて楽しかったです。

欲を言えば、もっと音に厚みが欲しかったかな。
1ヶ月前に聴いたワルシャワフィルの公演の印象が自分の中にかなり強く残っていて、比べちゃいけないとわかっていても、どうしてもそれと比べてしまうのです。
あれと比べると、どうも音が軽いという、音の洪水が感じられないというか、もっとこう「ぐわっ!」というものが欲しかったなぁと。
あと、アレンジや演奏で「・・・?」という曲があって、せっかくの良曲なのにもったいないものもありました。
そもそもオーケストラで演奏するように作曲された曲じゃないので、編曲や演奏が難しいのかもしれませんが。

以下、セットリストと曲ごとの雑感になります。


セットリストは次の通り。
-----
[第一部]
1. ペルソナ4
  全ての人の魂の歌/ Reach Out To The Truth/記憶の片隅
2. スーパーマリオブラザーズ
  コースBGMメドレー
3. かまいたちの夜/弟切草
  レクイエム/悪夢/館までの道で/奈美の思い出
4. 幻想水滸伝
  幻想の世界へ
5. ファミコンここまで出てるのにメドレー
  スペランカー/迷宮組曲/アトランチスの謎/ゼルダの伝説/ディスクシステム etc...
6. PORTAL
  Still Alive

[第二部]
1. 大神
  始まり/両島原 其の二/「Reset」~「ありがとう」バージョン~
2. エースコンバット・ゼロ ザ・ベルカン・ウォー
  ZERO
3. リズム天国
  忍者
4. ファンタジーゾーン
  START?OPA! OPA!/SHOP/KEEP ON THE BEAT/SAARI/HOT SNOW/BOSS/YA-DA-YO/MISS/VICTORY WAY
5. 俺の屍を越えてゆけ
  花
6. テイルズ オブ レジェンディア
  melfes~輝ける青

[アンコール]
1. FINAL FANTASY X
  ザナルカンドにて
2. 星のカービィ
  星のカービィ メドレー
-----

印象に残った曲ごとの雑感です。

ペルソナ4
オケアレンジしたらどうなるんだろう、と一番気になっていた「Reach Out To The Truth」は、「The Genesis」の終盤1分間になっていました。
聴いてる最中、ずっとラスボス戦の映像が頭から離れなかったです。

かまいたちの夜/弟切草
「レクイエム」が結構良かったです。少しずつ音が重なって盛り上がっていく過程には、ぞわぞわさせられました。あと、細かい微妙な強弱をつけなければならないヴァイオリンが、かなり頑張ってました。
弟切草の曲はほぼ知らなかったのですが、「館までの道で」は好きな曲かもしれません。サントラ出てたかなぁ。

幻想水滸伝
第一部の中では一番良かったかな。
前半はほぼ原曲のまま、後半はアレンジで、聴いてて燃えました。

ファミコンここまで出てるのにメドレー
スペランカーと迷宮組曲の曲を聴いて思い浮かんだのは、ニコ動のワンカップPの初音ミク動画でした。あの歌詞が、瞬間的に頭の中を駆け巡りました。どれだけ毒されてんだ自分。
ゼルダの伝説の曲は普通にかっこいいなぁ。ディスクシステムには笑ったw

PORTAL
日本語訳歌詞は、ちょっとイマイチな気がしました。
歌は英語で、日本語訳をディスプレイに映し出した方が良かったような気もします。
ついでに、微動だにせずに歌うボーカルの方が妙に怖かったです。

大神
なんというか、アレンジ負けしたような。
「Reset」はともかく、「両島原」はかなりアレンジが加わっていて、原曲の面影がそれほどなかったような。

俺の屍を越えてゆけ
初めて聴いたけど、「花」かっこいいなぁ。これは良曲。

FINAL FANTASY X
アンコールで本気出しましたw
本編は前座だったのか? ていうくらい、この曲が今回のPRESS STARTでは一番良かったです。
これは、植松さんじゃなくても泣ける。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック