[ゲームRev] 初音ミク -Project DIVA- F 2nd

PS3/PS Vitaのリズムゲーム「初音ミク -Project DIVA- F 2nd」のVita版をプレイ。
EASY、NORMAL、HARDの全曲を、STANDARD以上でクリアしました。
そこまでやったときのプレイ時間は、約10時間30分。

初音ミクを初めとするクリプトン社のVOCALOIDが歌う、動画投稿サイトの人気の楽曲をリズムゲームにした本作。
発売される度にプレイするリズムゲームはこのシリーズぐらいなのですが、相変わらずプレイが楽しいです。

曲は、PSP時代の過去作からの再録と新規収録が半々ぐらい?
結構、再録が多いです。
とはいえ、自分の好きだったPSP時代の曲がほぼ網羅されていて、個人的には大満足です。
いちいちカートリッジ変えなくても、F 2ndを起動すれば好きな曲を選び放題なんて、便利過ぎる。

ただ、再録とはいえ、譜面は刷新されています。
前作の名残が見受けられる曲もあれば、大幅に刷新されているものもあります。

新規収録作品は、相変わらず千差万別。
バラードからロックから、なんだかよくわからないものまで、色々な曲があります。
当然、好きな曲と苦手な曲がありました。
そこはもう、好みの問題なので、どうしようもないです。

ちなみに、新規収録曲の中では「こちら、幸福安心委員会です。」が結構ツボでした。
ああいう、明るいけれど病んでる曲はわりと好み。
あと、「メテオ」も好きです。
俺の中で「メテオ」というと別の曲が連想されるんだけど、これもすごく良かったです。
プレイしながら鳥肌が立つほどゾクゾクしました。

プレイ感覚は、これまでのDIVAシリーズとそれほど変わりません。
新しい操作は、ラインスクラッチとダブルスクラッチの2つでしょうか。
といっても、ラインスクラッチは通常のスクラッチとほとんど同じで、マーカーの流れ方が違うくらい。
一方、ダブルスクラッチは、2本の指でスクラッチする操作です。
これが地味に、面倒くさかったです。

Vitaになってからタッチパネル分の手数が増えたけれど、正直これ以上増やさないで欲しいところ。
今ですらいっぱいいっぱいなのに、これ以上増えたら混乱しそうです。

難易度は、前作Fよりも大幅アップ。
前作はNORMALで苦戦することがあまりありませんでしたが、今回はEASYから既に苦戦気味。
Fの星4個と、F 2ndの星4個は、同じ難易度だと思わない方がいいです。
F 2ndの星4個は、Fの星6個か7個ぐらいに相当するんじゃないかと。

譜面はこれまで以上に工夫されていて、「そうきたか」って感じさせられるものがしばしば。
ただ並べてるだけじゃなくて、曲に合わせて意図的に重ねてあったりして、そこは上手いなと思いました。
しかし、捻り過ぎて逆に「なんだこれ?」と嫌気が差すこともあったり。
ただ難しくするためだけに並べたような譜面も見られて、そこはちょっと不満を感じました。

27日に発売されて3日で全曲HARDまでクリアするくらいにはのめり込みました。
これまでのProject DIVAシリーズが好きな方にはオススメです。
Project DIVAシリーズは初めてという方は、難易度的な問題から、前作Fをプレイしてマーカーを目にしたら指が勝手に動くくらいになってからF 2ndをプレイした方がいいかも。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック